【第6回CVF(クラブ・ヴィーノフェリーチェ)】開催いたしました

Vinofeliceロゴ

昨年からスタートしたCVF クラブ・ヴィーノフェリーチェ(ファインイタリアワイン試飲研究会)も、いつの間にか6回目となり、8月3日東京、8月5日大阪にて、サルデーニャを中心テーマとして開催いたしました。

 

引き続き緊急事態宣言下のためプロ向けのみ、消費者の皆様向けは開催を断念させて頂きました。また、プロの皆様には人数を制限させていただき、また、予防対策にご協力いただきながらとご不便をおかけしました。

 

暑い中ご来場くださった皆さま、誠にありがとうございました。

 

以下、リポート致します!

 

 

【1】第6回CVF試飲研究セミナー

地中海に愛されたサルデーニャが産む 珠玉のワインの魅力
~イタリアワインの父“ジャコモ・タキス”の手によるサンターディ~

 

 

【2】第6回CVF試飲研究会 フリー試飲約50種

イタリアの最北から南端まで、造り手とテロワールの個性が体現されたワインの数々

 

 

CVF06_Report

 

 

【1】第6回CVF試飲研究会セミナー

地中海に愛されたサルデーニャが産む 珠玉のワインの魅力
~イタリアワインの父“ジャコモ・タキス”の手によるサンターディ~

 

サルデーニャはイタリア20州で3番目の大きさを誇る地中海に浮かぶ美しい島。手つかずの自然が多く残ることから、世界中のセレブリティが集まる世界屈指のリゾート地となっています。

 

海を隔てて目と鼻の先にフランス、スペイン、アフリカ大陸があることから、長い歴史の間に様々な民族の支配下に置かれ、イタリア本土とは大きく異なる独特な文化を発展させてきたため、それがサルディーニャ島で造られるワインにも大きな影響を与えています。

 

今回スポットを当てたのはあまり知られていないサルデーニャ島の優れたテロワールと、中でも南西部にある「スルチス」という沿岸地域に居を構える、サルデーニャワインの歴史を変えた偉大なカンティーナ“サンターディ”です。

 

 

Sardegna

 

 

■イタリア全38万ワイナリーの中でNO.1に輝く造り手「サンターディ」

 

サンターディはサルデーニャ島で最も自然が色濃く残る南西部にあるスルチスの小高い丘の上に1960年から醸造所を構え、半世紀以上の歴史を誇るカンティーナです。

 

2015年のオスカー・デル・ヴィーノ(※注)において、ビオンディ・サンティ等の著名ワイナリーが最終ノミネートされる中「イタリア最優秀ワイナリー」に選ばれたのがサンターディでした。

 

※Oscar del vino(オスカー・デル・ヴィーノ) 2015:毎年、イタリアソムリエ協会が主催し、「最優秀ワイナリー」等を決定するイタリアで最も栄誉あるコンペティション

 

 

 

 

■サッシカイア、ティニャネロ等を生んだ天才醸造家“ジャコモ・タキス氏”が人生の集大成に選んだワイン生産地「サルディーニャ」

 

80年代くらいまでは島の外に出ることがほとんどなかったサルデーニャのワインを、世界中で高く評価されるように発展させた立役者が天才醸造家ジャコモ・タキス氏です。

 

タキス氏といえば、サッシカイア、ティニャネロ、ソライア等のスーパータスカンと呼ばれる偉大なイタリアワインを生み出し、安い地元酒ばかりという様相だったイタリアを「フランスに劣らないプレミアムワイン産地」として地位を向上させた、まさに「イタリア・ワイン・ルネサンスの父」と称される伝説のエノロゴです。

 

そして、数々の世界的イタリア・プレミアムワインを世に送り出し続けたタキス氏が、1980年中盤、キャリアの晩年に情熱を注いだのが南西サルディーニャのワイナリー“サンターディ”でした。

 

サンターディの所有する畑は沿岸のサラサラとした砂が多量に交じる石灰土壌を持っている為、ヨーロッパ中の葡萄畑を震撼させたフィロキセラの被害を免れた樹齢100年を超える自根のカリニャーノ種が存在しています。タキス氏はその特別な老樹から、史上初の「バリック醸造のカリニャーノ」として“テッレ・ブルネ”を生み出しました。

 

このワインは、15回以上のトレビッキエーリや世界中の評論家の高い得点を与えており、2015年度に38万社あるイタリアワイナリーでNO.1の栄誉を勝ち得るに至る大きなランドマークとなりました。

 

 

■伝説のエノロゴたるタキス氏が生み出した「スーパー・タスカン」と終着点のテロワールワイン「テッレ・ブルネ」の比較試飲

 

セミナーでは、タキス氏のワイン造りの歩みを追いながら、彼が生み出したスーパー・タスカンとキャリアの最後に行き着いたサルディーニャのTOPキュヴェ“テッレ・ブルネ”との比較試飲を行いました。

 

安いキャンティの産地だったトスカーナの可能性を掘り起こし、国際化への道を開いた“スーパー・タスカン“サッシカイア”、“ティニャネロ”、“ソライア”。
そして、タキス氏が晩年、自身のルーツを持つサルディーニャのスルチスで「サンターディ」と出会い、フランスの一部のトップ生産者(DRC,ジャイエ、ルソー)と同様、時代を先取りした原点回帰のテロワールワインとして生み出した“テッレ・ブルネ”。

 

お客様には改めて、イタリアワイン産業全体を塗り替え、イタリアワインの歴史を更新し続けたタキス氏の偉大さを感じることができたと、ご好評を頂きました。

 

 

CVF06_Report04

 

 

■サンターディから新しく発売になる「SULKI スルキ」の初お披露目

 

9月から新発売となる、葡萄産地として5000年の歴史を持つサルデーニャの個性を楽しんで頂ける、ベーシック・キュヴェ「スルキ」の先行試飲を行いました。(2021年9月発売)

 

海風と石灰土壌由来のミネラル感や塩味が、様々なお料理に合うフードフレンドリーなワインです。

 

セミナーでは同じサルデーニャ名産のボッタルガ(カラスミ)と、サルデーニャ伝統のパン“パーネ・カラザウ”、ペコリーノチーズの中で最高品質と言われる“ペコリーノ・サルド(サルデーニャ)”とのマリアージュもご体験頂きました。

 

 

サンターディ

スルキ・ロッソ:カリニャーノ90%、モニカ10%
スルキ・ビアンコ:ヴェルメンティーノ 90%、ヌラグス10%
上代 各¥1,600(税抜)【2021年9月下旬発売予定】

※こちらからサンターディのご案内書をご覧いただけます(PDF)

 

 

 

 

【2】第6回CVF試飲研究会 フリー試飲約50種

イタリアの最北から南端まで、造り手とテロワールの個性が体現されたワインの数々

 

試飲会場では、北はトレンティーノ・アルト・アディジェ州のTOPワイナリー「ラヴィス」から、南はシチリア島のバローロに匹敵するエトナの特級格「ロメオ・デロ・カステッロ」までヴィーノフェリーチェを代表するワインの数々をご堪能いただきました。

 

<試飲ワイン生産者>

ラヴィス(トレンティーノ)
イタリア38万社の3社にノミネートされる造り手。「ドロミテ山塊」からの冷涼な気候+急斜面、石灰の特別なテロワールから生まれる自然派ワイン

 

コスタリパ(ロンバルディア)
「イタリア最優秀醸造家賞」を5度も受賞する天才醸造家マッティア氏のワイナリー。唯一イタリアで樽発酵・樽熟成というイタリアを代表するスプマンテとロゼ

 

ボルゴ・スコペート(トスカーナ)
ブルネッロ、キアンティ格落ちブドウから造られる「究極のIGTトスカーナ」。
モンタルチーノNo.1栽培家 ✕ サンジョヴェーゼの天才醸造家の2大巨匠による夢のタッグ

 

ビアンカヴィーニャ(ヴェネト)
ミラノ万博「イタリアを代表する100ブランド」でプラダ、ブルガリ等と並び、プロセッコ全348社から唯一選出され、プロセッコ史上最高得点を獲得する造り手。広大&平地がほとんどのプロセッコにおいて最上の「急斜面&石灰土壌」のグラン・クリュ格から生まれる逸品。

 

リッツァーノ(プーリア)
低価格ながら3つ星★★★獲得!低収量&テロワールを表した格上プリミティーヴォ

 

ミケーレ・カロ(プーリア)
2012年「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」獲得。全伊で3社しか行わない「ラクリマ式」による、イタリアを代表する究極のロゼ“地中海のルビー”

 

ラムーラ(シチリア)
オーガニック認証&この価格帯でJS90pts! ブロックチェーン認証を受けた世界初オーガニックワインで独自の窒素充填醸造システムによりSO2を70%カット

 

ロメオ・デル・カステッロ(エトナ)
バローロに匹敵するエトナの特級格、年産わずか8000本のヴィーゴ新着

 

 

改めまして、このような状況の中、ご来場いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

 

スタッフ一同、より一層頑張ってまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

一覧へ戻る

サロン・ド・ヴァンパッシオンへのご登録

ワイン愛好家のみなさまに特別な情報をお届け

【入会費・年会費無料】

  • 特別試飲会
  • 限定レアワイン
  • 生産者来日イベント