株式会社ヴァンパッシオン

稲盛さん経営12か条 | BLOG ブログ

稲盛さん経営12か条

  • 2009.06.28

かくありたいと常々思っております。

当社も5周年を迎えますが、正しい会社にならないと、正しくワインの幸せを広げられるチームになれないと、日々痛感いたします。

精進して頑張りたいと思います。

================

1.事業の目的、意義を明確にする

―――公明正大で大義名分のある高い目的を立てる。
 

2.具体的な目標を立てる

―――立てた目標は常に社員と共有する。
 
 
3.強烈な願望を心に抱く

―――潜在意識に透徹するほどの強く持続した願望を持つこと。
 
 
4.誰にも負けない努力をする

―――地道な仕事を一歩一歩、堅実にたゆまぬ努力を続ける。
 
 
5.売上を最大に伸ばし、経費を最小限に抑える

―――入るを量って出ずるを制する。利益を追うのではない。利益は後からついてくる。
 

6.値決めは経営

―――値決めはトップの仕事。お客様も喜び、自分も儲かるポイントは一点である。
 
 
7.経営は強い意志で決まる

―――経営には岩をもうがつ強い意志が必要。
 
 
8.燃える闘魂

―――経営にはいかなる格闘技にも勝る激しい闘争心が必要。
 
 
9.勇気をもって事に当たる

―――卑怯な振る舞いがあってはならない。
 
 
10.常に創造的な仕事を行う

―――今日よりは明日、明日よりは明後日と、常に改良改善を絶え間なく続ける。創意工夫を重ねる。
 

11.思いやりの心で誠実に

―――商いには相手がある。相手を含めてハッピーであること。皆が喜ぶこと。
 
 
12.常に明るく前向きで、夢と希望を抱いて素直な心で経営する

一覧へ戻る

Topics

ドメーヌ・デュ・コロンビエ
Domaine du Colombier

ギ・ド・アシェット誌で最高評価(三ツ星)を獲得。トップ・ドメーヌを凌駕するエルミタージュを生み出す、シラーの真髄を極めた「ドメーヌ・デュ・コロンビエ」

Cotes du Rhone / Domaine du Colombier

ドメーヌはローヌ河の左岸、フランスで最も歴史あるワインの街の一つとされるタン・レルミタージュ(Tain-l'Hermitage)の東、エルミタージュの丘に隣接するメルキュロル(Mercurol)という小さな村にある。第一次世界大戦の頃からこの地で暮らすヴィアール家は、当初小作人として果樹栽培をしていたが、徐々に自分たちの畑を購入。葡萄栽培に力を注ぐようになり、ワイン造りを始めた。3代目の現当主フロ...

NEWS