株式会社ヴァンパッシオン

セーヴチリアクション【結果報告】 | BLOG ブログ

セーヴチリアクション【結果報告】

  • 2010.07.23

お客様のご協力を仰いで、4-6月に展開させていただいた、セーヴチリアクション。

104社のお客様のお力添え、そして、消費者の皆様のお力をもちまして、

当初目標を超える、USD 12,084

の募金総額となりました。

みなさま、誠に有難うございました。

心より御礼申し上げます。

先日、皆様を代表して、チリ大使館にお邪魔して、目録をお渡しして参りました。

大のワイン好きで、ヨーロッパにも大使として赴任していたこともあるとおっしゃられるトーレス大使閣下自らが、我々の目録をお渡しする際に、ご出席くださいました。

日本の消費者の皆様、ご協力くださった104社のお客さまに、心より感動下さっておりましたこと、ご報告申し上げます。

こうした募金活動というものは、透明性が一番大切です。

そこで、「ご協力くださった、お客様、消費者の皆様に、透明性を明確にするため、お写真を」とお願いしたのですが、本当に気さくに快くお引受け下さいました。

皆様を代表する立場である以上、透明にということでの写真なのですが、非常に光栄な役回りでございました♪

本アクションは、当社スタッフからあがってきた声でスタートしたものです。

その代表者の一人で、チリブランド担当者であるのが、木村夏美であることを告げると、大使閣下は彼女を真中に入れて写真をと、彼女をたたえてくださいました。

大使閣下に努力が認められて、本当に良かったですね、夏美さん♪

一覧へ戻る

Topics

ドメーヌ・ジョルジュ・ミュニュレ//ドメーヌ・ミュニュレ・ジブール
Domaine George Mugneret // Domaine Mugneret-Gibourg

エレガントなピノ・ノワールの代名詞的なドメーヌヴォーヌ・ロマネの女傑によるフィネスを追求したワイン

Bourgogne / Cote de Nuits / Domaine Georges Mugneret // Domaine Mugneret-Gibourg

1988年に先代のジョルジュ・ミュニュレ氏が死去し、ドメーヌの行く末を案じられたものの、次女のマダム、マリ・アンドレ女史を中心に、長女のマダム・マリ・クリスティーヌ女史のサポートもあり、現在ではジョルジュ氏の存命時以上の名声を確立している。クロ・ド・ヴージョを看板畑として、合計で8.3haの畑を所有する。リュット・レゾネ方式による栽培で土壌のポテンシャルを向上させ、毎年の葡萄に反映させている。低収...

NEWS