株式会社ヴァンパッシオン

スタッフ紹介5 | BLOG ブログ

スタッフ紹介5

  • 2009.04.28

2009年4月1日入社
山本さんです

大学を出たあと、ワインや海外につながれる仕事を志し、ソムリエを職業にしました

若手の登竜門、コミソムリエ全国大会で優勝
さらに、ロワールソムリエコンクールで優勝

最近では、ジャルックスワインアワードで全国3位、JAL機内の特別番組で彼の顔をご存知の方もいらっしゃるのではないかと思います

前職はかのアランデュカスがプロデュースする、銀座シャネル内にある名店ベージュ東京でソムリエをしていました

僕と同世代で連続日本一&世界大会3位になった石田ソムリエの元で研鑽を重ねていました

通称マイケル山本

社内の一部では、ローマに住むイタリア人とも呼ばれております

ソムリエとしての輝かしい実績を封印し、インポーターとしてゼロからの努力を選んだ筋金入りの男です

インポーターもソムリエさんも

「ワインをプロとして扱い、お客様の気持ちにたって仕事をする」

という意味においては、基本的なスタンスは同じと言えます

しかし必要とされるスキルや経験は丸っきり違いますから、まさにゼロからのスタートです

最初は悔しい思いも沢山あるでしょう

二度も日本一を極めた実力ゆえの苦しみもあるでしょう

彼に初めてお会いした際、彼はその苦労にチャレンジできるのが喜びだと言いきりました

僕は学生時代に、チームの160人の誰もが当たり前のこととして日本一を目指し努力している集団におりました

でも日本一になる舞台に立つ地点にすらたどり着けませんでした

ですから、どんな分野でも、日本一を全身全霊で目指すことの凄さ、かつ日本一を勝ち取り切ることの凄さを理解できているつもりです

スキルや知識の習得はもちろん、途方もない精神力が必要だと思います

彼はインポーターとしては、さすがにまだまだ学ぶことばかりの駆け出しです

でも

トップを目指して努力し続ける情熱をもつこと

かつ実際に勝ち切ること

・・・を体で知る彼ならば、きっと早い段階で一流になってくれると確信しております

「インポーター山本」をどうぞ宜しくお願い致します

(^-^)/

一覧へ戻る

Topics

シャトー・ジゴニャン
Château Gigognan

14世紀から続くシャトーヌフ・デュ・パブの名門シャトー、パーカーポイント100点を8度獲得した名醸造家フィリップ・カンビが造る究極のコート・デュ・ローヌ

Côtes du Rhône / Château Gigognan (Châteauneuf-du-Pape)

シャトーヌフ・デュ・パプの南西に位置するソルグ村にあるシャトー・ジゴニャンの歴史は、アヴィニョン司教が治めた14世紀にまで遡る。 地道に造ってきたシャトーが対外的な評価を受けるようになったのは、アン&ジャック・カレ夫妻により葡萄畑改革、シャトーの改修が行われた1987年。1996年にグラヴィティー・フローの新セラー完成や当時南仏最上の造り手の一つであるドメーヌ・デュ・トレヴァロンのオーナー兼...

NEWS