Vina Errazuriz

ヴィーニャ・エラスリス

CHILE

世界で最も優れたカベルネを生み出す」というアコンカグア・ヴァレイをほぼ独占所有、チリワインとして世界最高峰の座を射止めた、ヴィーニャ・エラスリス

1870年創業、135年以上の歴史を誇る名門、ヴィーニャ・エラスリス。「世界で最も優れたカベルネを生み出す」という 、“カベルネの聖地”アコンカグアヴァレイをほぼ独占所有する。「テロワールを尊重し、自社畑の葡萄から、洗練されたエレガントなワインを生む」という、創業者ドン・マキシミアーノ・エラスリスの哲学を継承。エステート(ドメーヌ)としての在り方にこだわり続けてきたエラスリス。1980年代後半から、世界的にチリワインに対する需要が高まるにつれ、大手ワイナリーが「大量生産による廉価なワイン」の輸出増を図る中、エラスリスはチリのどのワイナリーにも先駆け、「ミシュランの星に認められる高品質ワイン」を造り続けてきた。その結果は今日、世界を驚かせるほど圧倒的なウルトラ・プレミアムワイン、「ドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ・レゼルヴ」。そして、チリにおける、これまでのプレミアムワインのレベルを遥かに超えた“チャドウィック家の傑作”「ヴィニエド・チャドウィック」の誕生。

2004年1月、リッツ・カールトン・ベルリンにてヨーロッパを代表するワインジャーナリストやトップソムリエ等36名が会し行われた世紀のブラインド・テイスティング。誰もがその勝利を確信していたシャトー・マルゴー、ラトゥール、ラフィット等の予想を裏切る形で、見事ナンバー1に輝いたのは、エラスリス家のヴィニエドチャドウィック2000。エラスリスのカベルネの秀逸性を世界に証明した。

商品アイテム一覧

最新の参考小売価格、ヴィンテージは
月次ワインリストをご確認ください。

Blends Chardonnay & Sauvignon Blanc

ブレンズ・シャルドネ・ソーヴィニヨンブラン 

白│750ml

海から約30km にある、カサブランカ・ヴァレイのラ・エスクルトゥーラ・エステートはフンボルト寒流の影響を受け、夏でも26 ℃ぐらいと涼しい。土壌は砂質のローム層。クリコ・ヴァレイは乾燥した暑い夏が特徴の 地中海性気候。土壌は粘土の多いローム層。全房ごと緩やかに圧搾。ステンレスタンクを使用し、12-14 ℃で 16日間低温醗酵。全体の5% にマロラクティック醗酵を行う。熟成にはワインに複雑味を与えるため、全体の約5 %のみ樽を使用。シュール・リーで 3 ヶ月間寝かす。シャルドネ85%、ソーヴィニヨン・ブラン15%。

Estate Chardonnay

エステート・シャルドネ 

白│750ml

カサブランカ・ヴァレイのラ・エスクルトゥーラ・エステートは太平洋を北上するフンボルト寒流の影響を受け、夏でも最高気温26℃ぐらいと涼しい。土壌は砂質のローム層で表土が深い。気候・土壌とも白葡萄に適した、理想的なテロワールを持ち、ストラクチャーの優れたワインとなる。収穫された葡萄は、多くを全房圧搾、残りは除梗し、ゆるやかに圧搾。全体の77%はステンレスタンクで、23%はフレンチオーク樽で低温発酵を行う。シャルドネ。

Max Reserva Chardonnay

マックス・レゼルヴァ・シャルドネ

白│750ml

葡萄生育期間中の積算温度が1199-1331と低く、ブルゴーニュやシャンパーニュ、ドイツ(ライン、モーゼル)同様、最も涼しいリージョンIに属する冷涼なミクロクリマ。生育期の朝晩の寒暖差が約15度と大きく、また、年間降水量は約350ミリと少なく、葡萄の生育期はほとんど雨が降らず乾燥した気候を持つ。土壌は、シストやスレート粘板岩が豊富で、ミネラリティ溢れるワインを生み出す。2005年と2009年に植樹。早朝に手摘みを行い、全房圧搾。発酵にはフレンチオークを使用(10%新樽、残りは2-3年使用の古樽)。56%をMFL。樽熟成、シュール・リーで10ヶ月間寝かせる。シャルドネ100%。

Wild Ferment Chardonnay

ワイルド・ファーメント・シャルドネ 

白│750ml

カサブランカ・ヴァレーのラ・エスクルトゥーラ・エステートはフンボルト寒流の影響を受け、夏でも26℃程度と涼しく、上質な酸を保ちながら果実は成熟。やさしく全房圧搾し、低温浸漬後、16~24℃で発酵。全体の40%にマロラクティック発酵。フレンチオークを使用し(新樽使用比率10%)、シュールリーで10ヶ月熟成。シャルドネ。

Max Reserva Sauvignon Blanc

マックス・レゼルヴァ・ソーヴィニヨン・ブラン 

白│750ml

フレッシュな酸を保つため、早朝の涼しいうちに手摘み収穫。厳しい選果後、除梗し圧搾。ステンレスタンク内で12-15度の低温醗酵。シュール・リーで3ヶ月間熟成し、ソフトなテクスチャーと程良いボリューム感をワインに与える。ライトイエロー。アロマティックで濃厚な香り。ライム、シトラス、グレープフルーツにグリーン・チリペッパーのようなハーベイシャスな印象もあり、清々しく華やか。テロワールの特徴でもあるミネラルが綺麗に味わいを形作る。ソフトで程良い厚みがありながら、余韻には爽快感のある酸味とフレッシュ感が長く残り、果実そのものの美しいジューシーさが広がる。ソーヴィニョン・ブラン100%。

Aconcagua Costa Chardonnay

アコンカグア・コースタ・シャルドネ 

白│750ml

海岸線から僅か12 キロ。葡萄生育期間中の積算温度が 1199-1331 と低く、ブルゴーニュやシャンパーニュ、ドイツ(ライン、モーゼル)同様、 最も涼しいリージョン I に属する冷涼なミクロクリマ。生育期の朝晩の寒暖差が約 15 度と大きく、また、年間降水量は約 350 ミリと少なく、葡萄の生育期はほとんど雨が降らず乾燥した気候を持つ。土壌は、シストやスレート粘板岩が豊富で、ミネラリティ溢れる ワインを生み出す。 2005 年と 2009 年に植樹。早朝に手摘み収穫と厳しい選果後、全房圧搾。タンク内で低温浸漬後、18-22 度でワイルド・ファーメント(天然酵母)による発酵。全体の 50 %にマロラクティック発酵を行う。新樽は使用せず、 フレンチオークで 12 ヶ月熟成。シャルドネ。

Estate Sauvignon Blan

エステート・ソーヴィニヨン・ブラン 

白│750ml

アコンカグア・コ-スタは太平洋から12kmと近く、フンボルト寒流の影響を受け、カサブランカ・ヴァレイより涼しい。また、土壌深くにシスト等を含む、スレート状の岩盤があるため、ワインに豊かなミネラルをもたらす。全て除梗し、圧搾。ステンレスタンク内で15~20日間、12-14℃の低温醗酵。3か月間シュール・リーで寝かせることで、ソーヴィニヨン・ブランらしいアロマチックなフルーツ感と程良いテクスチャーを際立たせる。

Late Harvest Sauvignon Blanc

レイト・ハーヴェスト・ソーヴィニヨン・ブラン 

白│375ml

カサブランカ・ヴァレイのクールクライメットの、繊細で美しい酸を持つ、優しい甘みのデザートワイン。ソーヴィニヨン・ブラン85%、ゲヴルツトラミネール10%、セミヨン5%。 ソーヴィニヨン・ブラン。

Estate Cabernet Sauvignon Rosé

エステート・カベルネ・ソーヴィニヨン・ロゼ 

ロゼ│750ml

広いセントラル・ヴァレイの中でも、昼夜の寒暖差があり、葡萄のゆっくりとした成熟が望めるラペル・ヴァレイからは、十分な酸度と凝縮した果実味を持つカベルネ・ソーヴィニヨンが育まれる。カベルネ・ソーヴィニヨンの新鮮な果実の香りと豊かなフルーツ感が際立つ、味わいも、色調も、香りもゴージャスなロゼワイン。カベルネ・ソーヴィニヨン100%。

Blends Merlot & Cabernet Sauvignon

ブレンズ・メルロー・カベルネソーヴィニヨン 

赤│750ml

葡萄は全てラペル・ヴァレーの自社畑から。夏は日照の強い高温となるが、午後には太平洋から吹く風が気温を和らげるという、ミクロクリマに恵まれる。下層土には岩石が多く、水捌けの良い土壌。畑ではドリップイリゲーションを行う。東~南向きの斜面を持ち、日照量も多く期待通りの葡萄の成熟を望める。全て手摘みによる収穫。全房ごとステンレスタンクで6-8日間醗酵、20日間マセラシオンを行う。発酵初期は、16℃で低温醗酵し、後半に29度まで温度を上げる。熟成にはフレンチオークを全体の45%に使用。軽く清澄・濾過。カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロ32%、カルメネール8%。

Estate Sangiovese

エステート・サンジョベーゼ 

赤│750ml

アコンカグア・ヴァレイのMAXIIの畑。7つのMAXと呼ばれる畑の中でも、より乾燥した気候に恵まれ、夏もほどよい暑さ。午後には、太平洋から涼しい風が穏やかに吹く。サンジョヴェーゼは傾斜5度の斜面に植樹。砂利交じりの粘土質で、水捌けが良い。1994年にチリで初めて植樹された、果粒が小さく濃厚なベリー系のフルーツ感が特徴のサンジョヴェーゼ・ピッコロから造る。手摘みされた葡萄は、除梗後、緩やかに破砕。24-28度で最長20日間のキュヴェゾンを行う。フレンチ&アメリカンオークで約8ヶ月間熟成する。軽く清澄・濾過。サンジョヴェーゼ。

Estate Carmenère

エステート・カルメネール 

赤│750ml

アコンカグア・ヴァレイの自社畑 の葡萄をブレンド。 100-300M の丘陵地帯にある畑。海とアンデス山脈、両方からの涼しい風の影響を受けるため、昼夜の寒暖差が 20 ℃と大きい。春-夏に雨がほとんど降らない乾燥した地中海性気候。土壌は、風化して砕けやすい岩盤上に広がる、粘土や泥の多いローム層。手摘みされた葡萄は、除梗後、緩やかに破砕。1日2回のポンピング・オーヴァー。 26-28℃で醗酵、タンク内で最長 26 日間の キュヴェゾンを行う。フレンチ&アメリカンオークで8ヶ月間熟成する。軽く清澄・濾過。カルメネール85%、シラー13%、プティ・シラー2%。

Estate Syrah

エステート・シラー 

赤│750ml

アコンカグア・ヴァレイの自社畑の葡萄をブレンド。 100-300M の丘陵地帯にある畑。海とアンデス山脈、両方からの涼しい風の影響を 受けるため、昼夜の寒暖差が 20 ℃と大きい。春~夏に雨がほとんど降らない乾燥した地中海性気候。土壌は、風化して砕けやすい岩盤上に広がる、粘土や泥の多いローム層。自社畑の中でも厳選された葡萄のみを使用する。土壌は深い粘土質ローム層。ドリップ・イリゲーションを敷き、しっかりと水分量を管理。低収量でバランスの良い葡萄が収穫できる。手摘みされた収穫は、除梗後、緩やかに破砕。1日2回のポンピング・オーヴァーを行い、26-28度で最長25日のキュヴェゾンを行う。フレンチ&アメリカンオークで約8ヶ月間熟成する。新樽は使用しない。軽く清澄・濾過。シラー。

Estate Pinot Noir

エステート・ピノ・ノワール

赤│750ml

海から12kmと近いアコンカグア・コースタの葡萄を中心に造られる。太平洋を北上するフンボルト寒流の影響をダイレクトに受け、夏でも最高気温26℃と涼しい。土壌は砂質のローム層で表土が深い。気候・土壌とも白葡萄に適した、理想的なテロワールを持ち、ストラクチャーの優れたワインとなる。手摘み収穫と厳しい選果後、緩やかに除梗。タンク内で68℃の低温浸漬後、2630℃で最長20日間のアルコール醗酵。全体の15%を天然酵母により発酵させ、ワインに複雑味を増す。数年使用したフレンチオークを使い、8ヶ月間熟成。ピノ・ノワール。

Estate Cabernet Sauvignon

エステート・カベルネ・ソーヴィニヨン

赤│750ml

アコンカグア・ヴァレイのMAX Vエステートのフラットな土地。ドン・マキシミアーノ・エステートの中でもより涼しく、午後からの強い風が、日中の暑さを和らげる。アコンカグア川の河川活動によって造られた沖積土壌。下層には岩石が多く、水捌けが良い。手摘みされた葡萄は、除梗後、緩やかに破砕。ステンレスタンク内で、26-30℃で醗酵。トータルで最長22日間キュヴェゾンを行う。全体の33%をフレンチとアメリカン・オークで6-8ヶ月間樽熟成する。軽く清澄、濾過して瓶詰。カベルネ・ソーヴィニヨン。

Max Reserva Carmenère

マックス・レゼルヴァ・カルメネール 

赤│750ml

MAX V, VI, VIIの 3 つの畑。砂質のローム層土壌。乾燥した暑い夏が特徴の 地中海性気候をだが、午後からアンデス山脈から吹き下ろす強い風が、日中の暑さを和らげる。さらに、朝晩の大きな寒暖差によって葡萄の成熟はゆっくり進むため、酸をしっかりと保ちやすい。 豊富な日照量と高い積算温度、晩熟のため長いハングタイムを必要とするカルメネールは、年間降水量が約 250mm と極めて少なく、葡萄の生育期に雨の降らないアコンカグア・ヴァレイが世界 で最も理想的な気候条件にある。そのため、一般的には青みや酸が低めとなりやすい品種のカルメネールだが、アコンカグア・ヴァレイでは、葡萄はタンニンまでしっかりと熟し、且つ、酸も高いレベルで保たれる上質な葡萄になる。手摘みによる収穫。厳しいダブル選果。ステンレス タンク内で 24 28 ℃でアルコール醗酵。18-25日間 の醸し。フレンチオークで12 ヶ月間樽熟成(新樽使用率 28%)。カルメネール。

Max Reserva Cabernet Sauvignon

マックス・レゼルヴァ・カベルネ・ソーヴィニヨン 

赤│750ml

アコンカグアのドン・マキシミアーノ・エステートの葡萄を使用。半砂漠地帯だが、午後からの強い風が、日中の暑さを和らげる。傾斜5℃、砂利や砂質の多いさらりとした粘土質で、水捌けが良い。アコンカグア特有の強い日照と大きな気温の日較差、さらに、厳しいカノピーマネージメントを行うことで、均一に完熟した葡萄が得られる。手摘み収穫と厳しい選果後、緩やかに破砕。9℃で24時間低温浸漬後、タンク内で24-28℃で醗酵、1日3回のポンピング・オーヴァーを行う。最長30日間のキュヴェゾン。全体の83%をフレンチオーク、17%をアメリカンオークで12ヶ月間熟成(新樽使用比率:33%)。軽く清澄・濾過。カベルネ・ソーヴィニヨン88%、カベルネ・フラン12%。

Max Reserva Cabernet Sauvignon Magnum

マックス・レゼルヴァ・カベルネ・ソーヴィニヨン 

赤│1500ml

アコンカグアのドン・マキシミアーノ・エステートの葡萄を使用。半砂漠地帯だが、午後からの強い風が、日中の暑さを和らげる。傾斜5℃、砂利や砂質の多いさらりとした粘土質で、水捌けが良い。アコンカグア特有の強い日照と大きな気温の日較差、さらに、厳しいカノピーマネージメントを行うことで、均一に完熟した葡萄が得られる。手摘み収穫と厳しい選果後、緩やかに破砕。9℃で24時間低温浸漬後、タンク内で24-28℃で醗酵、1日3回のポンピング・オーヴァーを行う。最長30日間のキュヴェゾン。全体の83%をフレンチオーク、17%をアメリカンオークで12ヶ月間熟成(新樽使用比率:33%)。軽く清澄・濾過。カベルネ・ソーヴィニヨン88%、カベルネ・フラン12%。

Estate Merlot

エステート・メルロー 

赤│750ml

クリコ・ヴァレイのエルデスカンソー・エステート。地中海気候の恩恵を受け春夏は乾燥した暑さとなるが、日較差は比較的マイルド。砂質でローム層が広がり、果実味豊富な葡萄の特徴がよく生かされた、チャーミングなメルローが育まれる。滑らかなタンニンと生き生きとした酸味のパーフェクトなミディアム・ボディ。フレンチ&アメリカン・オーク樽で8ヶ月間熟成させる。メルロー85%、カルメネール15%。

Max Reserva Merlot

マックス・レゼルヴァ・メルロー 

赤│750ml

アコンカグア・ヴァレイのドン・マキシミアーノ・エステート。南北にテラス上の畑が広がり、最高の日照条件を持つ。円熟味のある豊かな果実味、バランスの良さに秀でるメルロ。全体の60%をフレンチオーク、40%をアメリカンオークで12ヶ月間熟成する。メルロー100%。

Max Reserva Syrah

マックス・レゼルヴァ・シラー 

赤│750ml

MAX I, II,Ⅳ、アコンカグア・コースタの4つの畑。乾燥した暑い夏が特徴の地中海性気候を持つアンデス山脈に近い内陸部の MAX I, II, Ⅳと太平洋に近いクールクライメットのアコンカグア・コースタの葡萄をブレンド。 MAX I&II は古い火山灰土壌、Ⅳは、 50-70 %石を含む砂質ローム層土壌。アコンカグア・コースタはローヌにも見られるシストの岩盤層を持つ粘土質ローム層。温暖な MAX の畑からは、よく熟した果実やタンニンを持つ温かみのあるワインが生まれ、フレッシュな酸とミネラリーな緻密さを持つアコンカグア・コースタの葡萄をブレンドすることにより、ワインに緊張感を与え、品良く引き締める。手摘みによる収穫。厳しいダブル選果。ステンレス タンク内で 24-28 ℃の アルコール醗酵。7-31 日間 の醸し。 フレンチオークで 12 ヶ月間樽熟成(新樽使用率 25手摘みされた葡萄は、除梗後、緩やかに破砕。24-28℃で醗酵、タンク内で最長31日間のキュヴェゾン。フレンチ&アメリカンオーク(65:35)で、12ヶ月間熟成する。(新樽使用率:30%) 軽く清澄・濾過。シラー。

Aconcagua Costa Syrah

アコンカグア・コースタ・シラー 

赤│750ml

粘土質ローム層のシングルヴィンヤード。フレンチオークによる醸造、熟成、天然酵母使用。手摘み収穫。シラー。

Max Reserva Pinot Noir

マックス・レゼルヴァ・ピノ ノワール 

赤│750ml

海から12kmと近いアコンカグア・コースタの葡萄を中心に造られる。太平洋を流れる寒流の影響を強く受けて涼しい気候。平均積算温度は、海に近い西側が約1199度、内陸寄りの東側が1331度で、ブルゴーニュの平均13-19度と同等-低い冷涼な気候。ピサラと呼ばれるシストの岩盤を持つ粘土質ローム層。リュット・レゾネ。手摘みによる収穫。厳しいダブル選果。緩やかに除梗後、8度で37日間低温浸漬。開放式タンクでアルコール発酵を行う。合計13-20日間マセラシオンを行い、タンニンや色調の最適な抽出を行う。フレンチオークで11ヶ月間樽熟成。(新樽使用率15%)。ピノ・ノワール。

Aconcagua Costa Pinot Noir

アコンカグア・コースタ・ピノ ノワール 

赤│750ml

シスト、粘土質ローム層のシングルヴィンヤードのピノ・ノワール。天然酵母による発酵、フレンチオークでの醸造、熟成。

Las Pizarras Chardonnay

ラス・ピサラ・シャルドネ 

白│750ml│割当品

海側に位置するテロワールで、太平洋を流れる寒流の影響を強く受ける涼しい気候のため、積算温度は1191度ととても低いアコンカグア・コースタの中でも、とりわけピサラと呼ばれるシスト土壌が多く、かつ標高が高く、より涼しいところで造られる特別なキュベ。この特別なシスト土壌は、砕けやすく排水性に優れ、葡萄の根が割れた岩の隙間からさらに地中深く伸び、豊富なミネラルを吸収しやすい。全て手摘み、厳しい選果を行う。除梗せずに圧搾。100%野生酵母を使用し、ステンレスタンクとフレンチオークで発酵。全体の60%にはMLFを行う。熟成には新樽(20%)、1年樽(50%)、3年樽(30%)を使用し、14ヶ月熟成させる。シャルドネ。

Las Pizarras Pinot Noir

ラス・ピサラ・ピノ・ノワール 

赤│750ml│割当品

海側に位置するテロワールで、太平洋を流れる寒流の影響を強く受ける涼しい気候のため、積算温度は1191度ととても低いアコンカグア・コースタの中でも、とりわけピサラと呼ばれるシスト土壌が多く、かつ標高が高く、より涼しいところで造られる特別なキュベ。この特別なシスト土壌は、砕けやすく排水性に優れ、葡萄の根が割れた岩の隙間からさらに地中深く伸び、豊富なミネラルを吸収しやすい。全て手摘み、厳しい選果を行う。80%除梗し、全体の75%に低温浸漬(8-10℃で5-7日間)。開放式タンクで100%野生酵母を使用し25日間かけて発酵。100%フレンチオークで14ヶ月熟成(新樽50%)。ピノ・ノワール。

Viñedo Chadwick

ヴィニエド・チャドウィック 

赤│750ml│割当品

偉大なる父のエスプリを受け継ぐ、エドワルド・チャドウィックが生み出したのは、ミシュランの星を喜ばせる、贅沢な1本。特有のミクロクリマを持つ畑は、アルト・マイポ最上の区画、プエンテ・アルトにある。かつてチャドウィック家の別荘地であった地に、カベルネ・ソーヴィニヨン13.7ha、カベルネ・フラン0.5ha、カルメネール1.17haを植樹。区画によって葡萄の成熟度に差が出ぬよう、航空写真に基づき、収穫の区画を細分し、ハングタイムぎりぎりに収穫を待って、最高の成熟に達した葡萄のみを、何度も粒選りでピッキングする。ワイナリーでも、ダブル選果を行う徹底ぶり。熟成には100%フレンチ・オークを使用。約19ヶ月熟成。カベルネ・ソーヴィニヨン100%。

サロン・ド・ヴァンパッシオンへのご登録

ワイン愛好家のみなさまに特別な情報をお届け

【入会費・年会費無料】

  • 特別試飲会
  • 限定レアワイン
  • 生産者来日イベント