Torii villa Imamura

鳥居平今村

JAPAN

~日本のアイコン~ 世界の誇るファインワイン「鳥居平今村」

創業130年以上の歴史を誇る、シャトー勝沼(旧今村葡萄酒醸造場)。2007年、そのシャトー勝沼から「日本が誇るファインワイン」として誕生した鳥居平今村。鳥居平は、日当たりの良い南西向きの急斜面で、水捌けも良く、日本では珍しいミネラル土壌、富士山からの冷たい風(笹子下ろし)による昼夜の寒暖差と、最上のワインを生むのに必要な葡萄の栽培条件を完璧に備える。勝沼地区最高峰のテロワール「鳥居平」とは、まさに「日本のグラン・クリュ」と称しても過言ではない。

その「鳥居平」の最大所有者がこの鳥居平今村である。この畑の秀逸性を物語る歴史的裏付けとして、鳥居平の葡萄は「特上品」として、徳川幕府に献上されていた史実がある。収穫後、江戸城までの120kmの距離を運ぶ際、摘みたての爽やかな酸味が失せてしまう葡萄が多い中、鳥居平の畑で収穫された葡萄だけが、鮮度の高い上質な酸味を保っていたことから、将軍への献上品に選ばれた。そのため、鳥居平の葡萄は国産ワインとしては驚くほどの保存性、熟成力の高いポテンシャルがあり、今村家は100年物のワインも眠る稀有なオールド・コレクションの所有者でもある。

現在の当主である今村英勇氏が3代目で、「サステイナブル(持続可能な形で)、共に生きてゆく」という想いがある。そのため今村家は、長年に亘り、勝沼地区の各農協における最大の葡萄購入者であり、且つ、最も高い金額で買い取ることで知られる。「鳥居平今村」を立ち上げた際も、ドメーヌ(葡萄栽培から醸造、瓶詰めまで全てを行う造り手)の哲学は尊重しながらも、これまで共に生きてきた葡萄栽培家と、これからも共に繁栄し歩んでゆきたいと願っている。

葡萄栽培も農薬は必要最小限に留め(減農薬農法)、除草剤は撒かずに有機肥料を使用しているため、もぐらやミミズがいるほど土が生きている。栽培家だけでなく、鳥居平という偉大なテロワールとも共に生きてゆく哲学が今村家には宿っている。

商品アイテム一覧

最新の参考小売価格、ヴィンテージは
月次ワインリストをご確認ください。

Toriivilla Imamura Vintage Collection Blanc

ヴィンテージ・コレクション・ブラン

白│720ml

現当主英勇氏の祖父、すなわち、創業者である今村興三郎氏の代から、ごく少量ずつ寝かしてきた、希少なオールドコレクション。現在ですら早飲みワインと考えられている国産白ワインの世界において、鳥居平で育つ甲州種の熟成ポテンシャルを予見した興三郎氏の先見の明に驚かされる一本。100年物となる、1907年など、秘蔵コレクションを、随時ごく少量ずつながらリリース。甲州。

Toriivilla Hishidaira-Haut Blanc

鳥居平 上菱平圃場(かみひしだいらのうじょう)ブラン

白│750ml│割当品

肥沃な平地の勝沼の土壌とは異なる、粘土質に礫(れき)が混じるミネラル土壌。標高450-480mの南西向きの日当たりと水はけの良い斜面。鳥居焼きを臨む特級格「菱山鳥居平」の中でも中腹部のベストパート、僅か約0.2haの単一畑。樹齢平均30年以上。富士山からの冷たい風「笹子下ろし」の恩恵を受け、葡萄にはしっかりとした酸が残り、ワインに熟成力を与える。栽培は有機肥料を使用した対処農法(リュット・レゾネ)。フリーラン果汁のみ、一晩低温でデブルバージュ。翌日、ホーロータンクで発酵。発酵中は徹底した温度管理を行う。発酵後、シュールリーの状態で旨味を引き出すため約1か月間、1-2日に約1回の割合でバトナージュを行う。2013年リッツ・カールトン大阪にて、世界最優秀ソムリエに輝いたパオロ・バッソ氏により、2007年ヴィンテージが「優しさの中にもダイナミックな味わい、日本を代表する國酒」と評される。2014年7月JAL国際線ファーストクラスで、2008-2009年ヴィンテージが「最高級のおもてなし」として採用される。甲州。

Kashioyama Minakata Blanc

柏尾山南方 ブラン

白│750ml

勝沼地区勝沼町内には「柏尾」と呼ばれるアペラシオンがあるが、その中でも甲州葡萄発祥伝説が残る大善寺の寺領であり、優れた日照条件を持つ<南向き斜面>の柏尾山の畑だけを「柏尾山南方」と呼称。肥沃な勝沼の土壌とは異なる、粘土質に礫(れき)が混じるミネラル土壌。標高400-500mの南向きの日当たりと水はけの良い斜面。勝沼の中でも、富士山からの冷たい風「笹子下ろし」の影響を最も受け冷涼。ワインはキレの良い涼しげな酸が特徴となる。甲州100%。

Toriivilla Blanc Cuvée Tradition

鳥居平 ブラン キュヴェ・トラディション

白│750ml

ワイナリーの裏手にある特級格約0.6ヘクタールの「鳥居平」。甲州100%。肥沃な勝沼の土壌とは異なる、粘土質に礫(れき)が混じるミネラル土壌。「キュヴェ・ヒデカ」と同じ区画の甲州を使用しているが、収穫は数日ほど遅めとなっている。栽培は有機肥料を使用した対処農法(リュット・レゾネ)。低温発酵後、ステンレスタンクにてシュール・リーで熟成。ほのかに甘味を残した伝統的な味わい。

Toriivilla Blanc Cuvée "Hideka"

鳥居平 ブラン キュヴェ・ヒデカ

白│750ml

フリーランジュースを一晩低温でデブルバージュ。徹底的な温度管理のもと、ホーロータンクで発酵。約30-40日間、澱と共にねかし、数日に一度バトナージュを行い、旨味を抽出。グリーンがかった淡いレモンイエロー。柚子やすだちといった柑橘類の香りに加えて、香りからもミネラルのニュアンスが感じられる。スマートなアタック、優しい果実味とキレのある酸味との軽やかなバランス。軽快で辛口の味わいは、食前酒はもちろん、お刺身や生牡蠣、白身魚の天ぷらに、レモンを搾る代わりに、ワインの酸味を合わせると、素材の旨味が引き出され、最高のハーモニーを奏でる。甲州100%。

Toriivilla Rouge

鳥居平 ルージュ 

赤│750ml

25度でステンレスタンクにてマセラシオン。約7間、毎日朝晩とルモンタージュを行なった後、地下のホーロータンクで発酵。約3040日間、澱と共にねかし、数日に一度バトナージュを行い、旨味を抽出。紫色を帯びた中程度のルビー色。熟した木苺やブルーベリーの果実香に加えて、シナモンやナツメグのような優しいスパイス香。スマートなアタック、熟した凝縮度の高い甘味のある果実味と骨格を形成する酸味。後半にかけて、ミネラル感が味わいを引き締める。富士山からの冷たい風「笹子下ろし」が、ワインに品格と熟成力となる酸をもたらす。ブラック・クイーン100%。

Hishiyama Blanc

菱山 ブラン

白│750ml

歴史的銘醸畑、“特級格”といわれる<菱山鳥居平>とほぼ同じ「標高400-450m」の斜面中腹~上部にある畑。肥沃な勝沼平地の土壌とは異なる、粘土質に礫(れき)が混じるミネラル土壌。標高450-480mの南西向きの日当たりと水はけの良い急斜面。富士山からの冷たい風「笹子下ろし」の恩恵を受け、葡萄にはしっかりとした酸が残り、ワインに熟成力を与える。栽培は有機肥料を使用した対処農法(リュット・レゾネ)。フリーラン果汁のみ、一晩低温でデブルバージュ。ステンレスタンクで発酵。発酵中は徹底した温度管理を行う。約10日間の発酵後、澱と一緒に新樽へ移動。ステンレスタンクで発酵後、全体の30%をフレンチオークで18ヶ月間樽熟成。甲州100%

Hishiyama Rouge

菱山 ルージュ

赤│750ml

歴史的銘醸畑、“特級格”といわれる<菱山鳥居平>とほぼ同じ「標高400450m」の斜面中腹~上部にある畑。肥沃な勝沼平地の土壌とは異なる、粘土質に礫(れき)が混じるミネラル土壌。標高450~480mの南西向きの日当たりと水はけの良い急斜面。富士山からの冷たい風「笹子下ろし」の恩恵を受け、葡萄にはしっかりとした酸が残り、ワインに熟成力を与える。栽培は有機肥料を使用した対処農法(リュット・レゾネ)。フレンチオークで18ヶ月間樽熟成。ステンレスタンクで25度で浸漬。約1週間、毎日朝晩ルモンタージュを行う。ホーロータンクで発酵。約18ヶ月樽熟成。マスカット・ベーリーA100%。

Katsunuma Blanc

勝沼 ブラン

白│750ml

通常、GI勝沼のワインは、勝沼地区全体の中でも、川沿いの低地に広がる水捌けの悪い土地や日当たりの良くない平地の葡萄をブレンドして造られるものが多い。鳥居平今村のGI勝沼は、広大な勝沼地区の中でも、ルージュは「勝沼町勝沼」にある「桜地蔵」と呼ばれる特別な畑から造られる。川には近いが、川沿いの低地の畑ではなく、段丘を上った標高のやや高い平地の畑。フリーランジュースを一晩低温でデブルバージュ。徹底的な温度管理のもと、ホーロータンクで発酵。約30-40日間、澱と共にねかし、1-2日に一度バトナージュを繰り返し、旨味を抽出。甲州100%。

Katsunuma Rouge

勝沼 ルージュ 

赤│750ml

通常、GI勝沼のワインは、勝沼地区全体の中でも、川沿いの低地に広がる水捌けの悪い土地や日当たりの良くない平地の葡萄をブレンドして造られるものが多い。鳥居平今村のGI勝沼は、広大な勝沼地区の中でも、ルージュは「勝沼町勝沼」にある「桜地蔵」と呼ばれる特別な畑から造られる。川には近いが、川沿いの低地の畑ではなく、段丘を上った標高のやや高い平地の畑。25度でステンレスタンク内で浸漬。約1週間毎日、朝晩ルモンタージュを行う。ホーロータンクにて発酵。約30-40日間、澱と共に寝かし、1-2日に一度バトナージュを繰り返し、旨味を抽出。古樽で4ヶ月間熟成。ブラック・クイーン100%。

Toriivilla Imamura Vintage Collection Blanc "Cuvée Yuka" 20LR

ヴィンテージ・コレクション・ブラン “キュヴェ・ユカ” レイトリリース '20

白│720ml

雨が少なく日照量に恵まれたグレートヴィンテージ2004年。鳥居平を含む勝沼全体の甲州100%使用。一般的には65%前後の搾汁率だが、このキュヴェは熟成のポテンシャルが高いため70~80%の搾汁率となっている。

Toriivilla Imamura Vintage Collection Rouge

ヴィンテージ・コレクション・ルージュ

赤│720ml

現当主英勇氏の祖父、すなわち、創業者である今村興三郎氏の代から、ごく少量ずつ寝かしてきた、希少なオールドコレクション。現在ですら早飲みワインと考えられている国産ワインの世界において、鳥居平の熟成ポテンシャルを予見した興三郎氏の先見の明に驚かされる一本。100年物となる、1907年など、秘蔵コレクションを、随時ごく少量ずつながらリリース。ブラック・クイーン主体にマスカット・ベーリーA、ベーリー・アリカンとブレンド。

Toriivilla Imamura Vintage Collection Rouge "Cuvée Yuka" 20LR

ヴィンテージ・コレクション・ルージュ “キュヴェ・ユカ” レイトリリース '20

赤│720ml

雨が少なく日照量に恵まれたグレートヴィンテージ2004年。マスカット・ベーリーAとブラック・クイーンのブレンド。一般的には60%の搾汁率だが、このキュヴェは熟成のポテンシャルが高いため70~80%の搾汁率となっている。

サロン・ド・ヴァンパッシオンへのご登録

ワイン愛好家のみなさまに特別な情報をお届け

【入会費・年会費無料】

  • 特別試飲会
  • 限定レアワイン
  • 生産者来日イベント