Domaine du Grand Cres

ドメーヌ・デュ・グラン・クレス

FRANCE
LANGUEDOC

INAO、DRCで責任者を務めた”栽培のエリート”が醸すフェミニン・コルビエール

1989年、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの醸造と栽培に携わっていたエルヴェ・ルフェレール氏が設立したドメーヌ。ドメーヌ名の由来でもあるCrès(クレス)は、オック語で「(石灰岩の)岩石」という意味。ルフェレール氏は、INAOで2年間勤めた後、さらにDRCで栽培責任者として働いていた「栽培のエリート」。約5年ほどDRCに勤めたが、最高のワイン造りに触れるうちに、「自らも最高のワインを造ってみたい」との想いに駆り立てられ、テロワールのポテンシャルが高い南仏に自らのドメーヌを設立することを決意する。南仏中の畑を歩き続け、ついに1989年、「南仏のテロワールの特徴が現われる土地であること」、「力強さだけでなく、エレガントでフェミニンなワインを産み出すことができる土地であること」という条件に合致した、今の地所に出会ったのがドメーヌ・グラン・クレスの始まり。

畑は石灰岩の岩盤上にあり、剪定も厳しく行う為、収穫量は30~45hl/ha と南仏では実に少ないものとなっている。収穫時期は9月末から10月頭。太陽光の豊富な南仏コルビエールとしては実に遅い収穫で、彼の畑の涼しいミクロクリマを証明する。昼に照りつける太陽光、朝晩の涼しい風による長いハング・タイムによって、高い糖度をもちながらも、素晴らしくエレガントな酸も持ち合わせる最高の葡萄ができる。もちろん、栽培はリュット・レゾネを採用。醸造には樽を用いるが、ルフェレール氏は樽に基因する風味を嫌い、あくまでも熟成の容器として捉える。まろやかなテクスチャー、フィネス、エレガンスをもつ、フェミニンなスタイルのワインに仕上げている。

商品アイテム一覧

最新の参考小売価格、ヴィンテージは
月次ワインリストをご確認ください。

Corbières Crescendo Roussanne Viognier Blanc

コルビエール・クレッシェンド・ルーサンヌ・ヴィオニエ・ブラン

白│750ml

美しい酸とミネラル。リッチでいて引き締まった味わい。ブルゴーニュを彷彿させる、洗練された品格を備えた白ワイン。暑い平地のコルビエールではなく、山奥にある「ラグラース」という標高 300Mの岩山の山頂を開墾して切り拓いた畑。南仏では稀な、ブルゴーニュ同様の石灰岩だらけのアルジロカリケール土壌。高地ゆえに涼しい気候と、石灰岩に起因した、高めの酸とミネラル感を伴うワインが生まれる。リュット・レゾネ。基本的に農薬は使用せず、化学肥料もなるべく与えない。超低収量 30hl/ha。手摘み収穫。除梗後、15 度での低温浸漬。ステンレスタンクで 13-15℃の低温発酵。約1ヶ月間の醸し。全体の 20%をフレンチオークで澱と共に9ヶ月間寝かせる。グレープフルーツや白い花、アカシアの蜂蜜の上品で複雑な香り。味わいもリッチでいて、伸びやかな酸、輝きのある透明なミネラルが引き締め、細身の立体感を崩さず、長い余韻へと続く。品位を感じさせる、洗練されたワイン。ルーサンヌ80%、ヴェルメンティーノ20%。

Corbières Adagio Rouge

コルビエール アダージョ ルージュ 

赤│750ml

“南仏のロマネ・コンティ”と称されるグラン・クレスから<お手頃価格の新定番>果実の豊かさを生かした、香り高いベーシックワイン。「アダージョ」とは、音楽用語で「(アンダンテよりも)ゆっくりと」を意味。語源は「寛ぐ」「ゆったり」といった時間を楽しむ概念のイタリア語。このワインはシリアスに背筋を伸ばした本格的ガストロノミーシーンというよりも、上質だが飾らない食卓での楽しい一時を過ごして頂きたいという造り手の想いが込められている。暑い平地のコルビエールではなく、山奥にある「ラグラース」という標高300Mの岩山の山頂を開墾して切り拓いた畑。南仏では稀な、ブルゴーニュ同様の石灰岩だらけのアルジロ・カルケール土壌。高地ゆえに涼しい気候と、石灰岩に起因した、高めの酸とミネラル感を伴うワインが生まれる。リュット・レゾネ。基本的に農薬は使用せず、化学肥料もなるべく与えない。超低収量35-40hl/ha。手摘み収穫。除梗後、ステンレスタンクで発酵。約3週間の醸し。樽は使用せず、タンクで24カ月間寝かせる。赤いチェリーの砂糖づけのような、凝縮した甘みのある香りにブランデーやスパイスの香り。味わいは濃厚だが、酸もタンニンも滑らか。甘い香りだが、鮮度を保ち、ベルベッティな質感が上品。シラー50%、グルナッシュ40%、サンソー10%

Corbières Crescendo Rouge

コルビエール・クレッシェンド・ルージュ 

赤│750ml

“南仏のロマネ・コンティ”グラン・クレスの永久定番品。「クラシック」から、「クレッシェンド」に改名。「クレッシェンド」とは、音楽用語で「徐々に強く」を意味。優美さの中にも、大地のエネルギー、テロワールの力がじわじわと迫ってくるような味わい。 穏やかで品の良い味わい。DRCの偉大なワイン想起させるオーラを纏う、格調高き南仏ワイン。暑い平地のコルビエールではなく、山奥にある「ラグラース」という標高300Mの岩山の山頂を開墾して切り拓いた畑。南仏では稀な、ブルゴーニュ同様の石灰岩だらけのアルジロ・カルケール土壌。高地ゆえに涼しい気候と、石灰岩に起因した、高めの酸とミネラル感を伴うワインが生まれる。リュット・レゾネ。基本的に農薬は使用せず、化学肥料もなるべく与えない。超低収量35hl/ha。 手摘み収穫。除梗後、ステンレスタンクで発酵。約4週間の醸し。2/3が1年樽、1/3がタンクで12カ月間熟成し、その後ブレンドしタンクで更に12カ月寝かせる。黒系果実にガリグー、リコリス、スパイスの香り。よく熟した滑らかなタンニン。エレガントな酸。果実の凝縮度が高く、同時に活き活きとしたミネラルのテンションが、この土地の秘めた力を感じさせる。シラー70%、グルナッシュ30%

Corbières Cuvée Majeure Rouge

コルビエール・キュヴェ・マジュール・ルージュ

赤│750ml

元DRCの栽培者、ルフェレール氏が醸すトップ・キュヴェ。最上のピノ・ノワールを彷彿させる<フィネスの極み> 深淵かつエレガント、高度に洗練された究極の南仏ワイン。「マジュール」とは、抗うことのできない神の力や大自然の力を意味。葡萄樹や畑と会話し、丹精を込めて不断の仕事をこなすルフェール氏のワインからは、抗うことのできないテロワールの力のこもったワインが生まれる。暑い平地のコルビエールではなく、山奥にある「ラグラース」という標高300Mの岩山の山頂を開墾して切り拓いた畑。南仏では稀な、ブルゴーニュ同様の石灰岩だらけのアルジロ・カルケール土壌。高地ゆえに涼しい気候と、石灰岩に起因した、高めの酸とミネラル感を伴うワインが生まれる。リュット・レゾネ。基本的に農薬は使用せず、化学肥料もなるべく与えない。超低収量35hl/ha。手摘み収穫。除梗後、ステンレスタンクで発酵。約4週間の醸し。1/4が新樽、3/4が1年樽で12カ月間熟成し、その後ブレンドしタンクで更に12カ月寝かせる。高貴な香り。ブラックベリー、炒ったスパイス、リコリス、土っぽい香りが複雑に入り混じる。強さを秘めたフルボディの豊かな味わいながら、鮮度も高くピュア、よく熟したタンニンは柔らかく繊細。驚異的に長い余韻。強さとエレガンスを併せ持つ、ブルゴーニュのグラン・クリュに通ずるような偉大なワイン。

サロン・ド・ヴァンパッシオンへのご登録

ワイン愛好家のみなさまに特別な情報をお届け

【入会費・年会費無料】

  • 特別試飲会
  • 限定レアワイン
  • 生産者来日イベント