Chateau Faiteau

シャトー・フェトー

FRANCE
LANGUEDOC│MINERVOIS LA LIVINERE

南仏のライジングスター 内外から常に高い評価を得始めた”南仏のグランクリュ”ラ・リヴィニエールのテロワールを存分に引き出す実力派ドメーヌ

アルジロ・カリケール土壌に起因する力強く毅然とした味わいが特徴のミネルヴォア。なかでもオード川が作ったテラス状の土地の上部のみが、一際、群を抜く品質のワインを生むラ・リヴィニエール。

地元ではサブアペラシオン名として、“ラ・リヴィニエール”がラベルに名乗れる以前からグラン・クリュ扱いとされ、そのポテンシャルは認識されていた。R.パーカー氏も「南仏で最も可能性の高いアペラシオンだ」と述べている。

シャトー・フェトーのオーナーであるアルノー家は、この村で4代に渡って葡萄栽培を行ってきた歴史を持つが、ドメーヌを立ち上げたのは1999年、元詰めは2000年ヴィンテージからという新しい造り手。

40年以上の栽培経験を持ち、リヴィニエールの協同組合、組合長を長年勤めた父は、醸造学を修めて実家に戻った息子と一緒に最高のリヴィニエールを追い求める。

プティ・コッセ、テラッセ、スベルグ、プルミエール・コトーと、テロワール毎にタイプを分けてセパージュの選択や剪定の選択を行う。少量の石灰岩を持つ斜面中後部では、樹齢の高いカリニャンとシラーが植樹されている。

収穫時には畑とセラーの両方で選果が行われ、その後、グラヴィティーシステムでデリケートに醸される。

商品アイテム一覧

最新の参考小売価格、ヴィンテージは
月次ワインリストをご確認ください。

Minervois Rouge

ミネルヴォワ・ルージュ

赤│750ml

山、中腹、平地の3つの異なるテロワールをもつミネルヴォワ。西向き、東向きになるテラッセの畑から。50%小石が混ざるアルジロ・カリケール土壌。シラーを主体とし、カリニャン、グルナッシュ、ムールヴェードルをブレンドする。生き生きとした果実味と、野暮ったさのかけらも感じさせないエレガントなワインとなっている。

Minervois La Livinière Cuvée Gaston

ミネルヴォワ・ラ・リヴィニエール・キュヴェ・ガストン

赤│750ml

斜面中腹の貝殻を含んだマルノ・カリケール土壌からなる南向き斜面を持つテロワール。プルミエール・コートの葡萄を使用。シラーを主体とし、カリニャンやグルナッシュをブレンドする。サブアペラシオンとしての格付け前から知る人ぞ知るラングドックのグラン・ヴァンとして君臨してきたリヴィニエールの実力を再認識できる一本。

サロン・ド・ヴァンパッシオンへのご登録

ワイン愛好家のみなさまに特別な情報をお届け

【入会費・年会費無料】

  • 特別試飲会
  • 限定レアワイン
  • 生産者来日イベント