Domaine Aux Moines

ドメーヌ・オー・モワンヌ

FRANCE
LOIRE│SAVENINIERES

サヴニエール最上の造り手、ドメーヌ・オー・モワンヌ サヴニエールの別格特級格 「ロッシュ・オー・モワンヌ」の雄

ロワールの極上白ワインを生むサヴニエール。アンジュ=ソミュール地域の都市アンジェの西、ロワール川右岸沿いの小地区。サヴニエールには多くのクリュがあるが、殆どが山の頂上にあり、川に向かう斜面にある2つのクリュ“ロッシュ・オー・モワンヌ”と“クーレ・ド・セラン”だけが特級格とされる。ドメーヌは、ロッシュフォール・シュール・ロワールの町を見下ろせる小高い丘にある。オー・モワンヌ(修道僧)の名の通り、ドメーヌの基礎はサン・ニコラ・ダンジェの修道僧によって築かれ、1063年に最初に葡萄が植えられた。その後フランス革命によって、畑と建物は民間の手に渡る。当主のラロッシュ家は、1967年からサヴニエール村でワイン造りを始め、1981年にこの“ロッシュ・オー・モワンヌ”最高の地のドメーヌを買い取った。

現在ドメーヌを運営するのは、マダム・ラロッシュと娘テッサ。所有畑は、“ロッシュ・オー・モワンヌ”のみで、30haのアペラシオンのうち、8haを所有する。土壌はシストと砂岩。シストはミネラル分を多く含み、ワインに力強い芯を与える一方、日中の熱を吸収し、夜間に輻射熱を放出して畑を暖める。機械による収穫が主流であるサヴニエールにおいて、オー・モワンヌでは手摘みによる収穫を行っている。シュナン・ブランは同じ区画でも成熟度に差が出るので、熟した葡萄から順に通常5回に分けて収穫。イノックス・タンクで発酵。マロラクティック発酵は行わない。新樽も使用しない。シュナン・ブランの他に少量のカベルネ・フランも手がけ、アンジュ・ヴィラージュとして瓶詰めしている。

商品アイテム一覧

最新の参考小売価格、ヴィンテージは
月次ワインリストをご確認ください。

Savennières- Roche Aux Moines

サヴニエール・ロッシュ・オー・モワンヌ

白│750ml

20世紀初頭、‟世界最上の白ワイン”として「モンラッシェ」以上の価格で取引されていた<サヴニエール>の中でも、“クール・ド・セラン”と並びグラン・クリュ昇格間近と言われる特別な畑“ロッシュ・オー・モワンヌ”。生産量も限られていることから、その価値は世界中のバイヤーや愛好家垂涎の的。シュナン・ブラン100%。砂岩片岩土壌。平均樹齢45年。超低収量(30hl/ha)。樽(50%)&ステンレスタンク(50%)で18ヶ月間熟成。SO2極少量(46mg/ℓ)。フレッシュなフルーツの中にカリンや蜂蜜等の複雑な香りが溶け込んでいる印象。リッチな味わいながら、芯のあるミネラルが食欲をそそる。美しいバランスと長い余韻が楽しめる、まさに‟ロワールのモンラッシェ”。

Le Berceau des Fées

ル・ベルソー・デ・フェ

白│750ml

“Le Berceau des Fées”は、“妖精のゆりかご”の意味を持つ。昔から妖精が現れると言う、松林に囲まれた庭の特別な “神秘の区画”。呼称上ではヴァン・ド・フランスとなるが、表記上NVではあるが実際には2019年産手摘み収穫の葡萄を使用。ステンレスタンク内で16℃で低温発酵後、タンクで8ヶ月間熟成。しなやかに優しく、すっきりと軽やか、透明感のある繊細なワイン。凝縮度の高いミネラルのテンションはまさに“プティ・サヴニエール”。シュナン・ブラン100%。

Anjou Villages Rouge

アンジュー ヴィラージュ ルージュ

赤│750ml

樹齢92年の超古木の葡萄を使用。ステンレスタンクで12ヶ月間熟成。SO2極少量(30mg/ℓ)。完熟したブルーベリー、カシスの香りに加えて、針葉樹、メントール、シナモン、ナツメグなど複雑な印象。味わいは深みが感じられる第一印象。熟れた果実味に加えて、心地よい酸味、緻密なタンニンが一体となって余韻へと続くミディアム~ミディアムフルボディ。ロワール地方の赤ワインをくつがえす骨格があり、ポテンシャルが感じられる一本。レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス 2017 にて、“15€以下のフランス最上の赤ワイン”に選ばれた実力。カベルネ・フラン70%、カベルネ・ソーヴィニヨン30%。

サロン・ド・ヴァンパッシオンへのご登録

ワイン愛好家のみなさまに特別な情報をお届け

【入会費・年会費無料】

  • 特別試飲会
  • 限定レアワイン
  • 生産者来日イベント