Hasiberriak

アシ・ベリアック

SPAIN

冷涼な気候とミネラル豊かな土壌からシャンパーニュ等に比肩するポテンシャル。 チャコリとしては異例の10カ月間超に及ぶ長期シュール ・ リー によるワインとしての完成度の高さを持つガストロノミーに捧げる至高のチャコリ<アシベリアック>

巨匠、パブロ・ピカソの絵画で一躍有名になったバスク州ビスカヤ県の街、ゲルニカの西16km先にあるイバランゲル村。ビスケー湾南部、カンタブリア海を望む、碧い絶景の岬にワイナリーはある。

「ビスカイコ」地区は沿岸部からやや内陸部に広がるD.O.のため、海に最も近い「ゲタリアコ」と内陸部の「アラバコ」の中間的味わいとして一般的には知られるが、アシベリアックの畑はいずれも海側にある。

イベリア半島で最も重要な湿地帯と言われる、ユネスコ生物圏保護区に指定されている「ウラダイバイ河口自然保護区」内、ゲルニカの街の南北2地区「Errigoiti(エリゴイティ)」と「Mendata(メンダタ)」に畑を所有する。

それぞれ海から10km、13kmと近いため、冷涼な海風の影響を強く受け、夏でも最高気温が21-25程度と、シャンパーニュ並みに涼しい。土壌にもシャンパーニュと同じ石灰岩が見られる。

シャンパーニュに類似した特別なテロワールを生かし、白葡萄のみで(オンダラビ・スリとセラティアが95%、残り5%はリースリング、シャルドネ、ソーヴィニヨン)、シャープな酸とミネラル感豊かな長期熟成が可能なブラン・ド・ブランのみを造る。

ワイナリー名の「Hasiberriak」とはバスク語で〈新参者〉〈初心者〉という意味。イバランゲルの小さな村にワイナリーができると知った村人の中には「彼らは新参者で初心者だからチャコリ造りなど無理だ!」と言う人もいたが、彼らにとっては「新しい冒険の始まりにはピッタリの名前だ!」と思いワイン名とした。

また、<Hasiberriak>のsをzにするとバスク語では「Haziberriak=新しい種」の意味になり、チャコリ造りの世界に飛び込む自分たちにふさわしい言葉であると思ったという。

ワインを造るのは、ともにエンジニアとして活躍していたアルカイツとダビットの二人。2017年に二人で創業したマイクロ・ワイナリーである。

ワイン好きであったアルカイツは、自らワインを造りたいと思い、2001年に畑を購入したが、経済的な問題から断念していた。一方のダビットの実家は葡萄の栽培農家であったが、ダビット自身は継ぐ意志がなくエンジニアとなった。2016年、父のメンペがなくなると、11年間共に働いてきた同僚であり、ワイン造りの夢を抱いていたアルカイツを誘い、ワイナリーを立ち上げることを決意。

ダビットの祖父が1950年に購入した土地、メンダタ地区にある「NEKESOLO(ネケソロ)」という土地に、父のメンペが1998年に植樹した区画に加え、エリゴイティ地区に長く放置されていた畑を新たに購入し、2017年にワイン造りを始める。

2020年からようやくレストランやホテルへの発売を開始。ビオによる丁寧な栽培、チャコリとしては驚異的に長い10カ月間超の長期シュール・リー熟成で造られる“ワインとしての完成度の高いチャコリ”は、リリース直後から、地元のシェフやソムリエの間で評判を呼び、星付きレストランでもオンリスト。また、スペインワインの評価本『ギア・ペニン』でもファースト・ヴィンテージから91点の高得点を得た。


所有するのは2区画「エリゴイティ」と「メンダタ」。

区画〈1〉 「エリゴイティ」 2ha
・ 標高385M
・ 南東向き(=朝日の影響を受ける)
・ ビスケー湾から10km
=よりダイレクトに海からの影響を受ける
=より冷涼(メンダタより収穫2週間遅い)
・ 泥灰土(石灰岩/炭酸カルシウム混じりの粘土)

「メンダタ」に比べてアルコール低め、酸は高め、花>果実の香り、ピュリニー的ミネラルが特徴。


区画〈1〉 「メンダタ」 1.6ha
・ 標高265M
・ 南西向き(=午後の強い日差し日の影響)
・ ビスケー湾から13km
・ ドメーヌで最も樹齢の古い「ネケゾロ」の区画
・ 石灰岩混じりのシルトやローム質粘土

「エリゴイティ」に比べてアルコール高め、酸は低め、果実>花の香り、力強いボディとストラクチャが特徴。


「エリゴイティ」の畑は完全なビオディナミ栽培で認証も得る。「メンダタ」」の畑は完全なビオディナミ栽培ではないが、除草剤や除虫剤は一切使用しない限りなく自然な農法。(ワイン造りに関してはいずれの畑のワインもビオディナミ・カレンダーに沿って行う)

一般的なベーシック・チャコリは瓶詰め1年以内の若飲みが推奨されるが、アシベリアックは2-3年後もスティルワイン同様に熟成感を楽しめる、至高の《プレミアム・チャコリ》である。

商品アイテム一覧

最新の参考小売価格、ヴィンテージは
月次ワインリストをご確認ください。

Bizkaiko Txakolina

ビスカイコ・チャコリーナ<メンぺ>

微発泡・白│750ml

ダビット氏の父へのオマージュとして、父の名MENPEを冠するワイン。 主に石灰岩の多い「エリゴイティ」の畑に、「エリゴイティ」に比べ力強いボディとストラクチャを生み出す「メンダタ」の若木をブレンド。 オンダラビ・スリ75% 、オンダラビ・スリ・ゼラティア25%。 ステンレスタンクで醗酵&熟成。3-4カ月間のシュール・リー熟成。アルコール度数 12.5%。 淡く緑がかった、光沢のあるレモンイエロー。青リンゴ、白い果実や柑橘類に加え、レモングラス等ハーブの香りも感じられる。大西洋からの潮風がワインに心地よい塩味を与え、シトラスの爽やかな果実味とフレッシュな酸が調和したバランスの良い味わい。

Bizkaiko Txakolina

ビスカイコ・チャコリーナ<ネカサリ>

微発泡・白│750ml

「小作農」を意味するネカサリ。何世紀にも亘り、ビスカヤの大地を耕してきた農民を想い名付けた。 最も樹齢の高いメンダタ地区「ネケソロ」の畑。 オンダラビ・スリ75% 、オンダラビ・スリ・セラティア20%、その他5%(リースリング、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン)。 100%自然酵母。アンフォラとステンレスタンクで醗酵&熟成。10カ月間のシュール・リー熟成。アルコール度数 12.5%。 黄金色がかった淡いイエロー。フレッシュな白桃や洋ナシなどの果実、白い花、ほんのりとドライハーブの印象もある複雑な香り。 まるで絹のような口当たりの果実味が塩と酸味を伴い、口内いっぱいに豊かに広がり、長い余韻へと続く。

Bizkaiko Txakolina

ビスカイコ・チャコリーナ<アロツ>

微発泡・白│750ml

「樽職人」を意味するアロツ。ワインも唯一フレンチ・オークを使用して造られる。 最も樹齢の高いメンダタ地区「ネケソロ」の畑。 オンダラビ・スリ 75% オンダラビ・セラティア 20%、その他5%(リースリング、シャルドネ、ソーヴィニョン・ブラン)。 100%自然酵母。フレンチ・オーク(2年使用した600ℓ樽)とステンレスタンクで醗酵&熟成。10カ月間のシュール・リー熟成。 アルコール度数13.0%。 黄金色がかった淡いイエロー。白系果実のニュアンスに加えて、トーストやバニラの香りも印象的。やや丸みを帯びた味わいで、アタックにはスモーキーなタッチも感じられる。非常によくバランスが取れていて、心地よい余韻を持つ。

Bizkaiko Txakolina

ビスカイコ・チャコリーナ<バセリタール>

微発泡・白│750ml

「農婦」を意味するバセリタール。ラベルにはスカーフを頭に撒いて農作業に勤しむ村の農婦が描かれている。 最も樹齢の高いメンダタ地区「ネケソロ」の畑の最上の葡萄のみ使用。 オンダラビ・スリ75% 、オンダラビ・スリ・セラティア20%、その他5%(リースリング、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン)。 100%自然酵母。ステンレスタンクのみで醗酵&熟成。10カ月間のシュール・リー熟成。アルコール度数 12.5%。 野生のハーブ、熟した果実、白トリュフのニュアンスに上質な酵母由来のブリオッシュやトースト香もあり、非常に複雑。溌剌とした果実味と塩味。 しっかりとした酸とミネラルが支える力強いボディ。複雑で長い余韻を感じられる味わい。

一覧へ戻る

サロン・ド・ヴァンパッシオンへのご登録

ワイン愛好家のみなさまに特別な情報をお届け

【入会費・年会費無料】

  • 特別試飲会
  • 限定レアワイン
  • 生産者来日イベント