ROMANO NICOLA

ロマーノ・二コラ

ITALIA
CAMPANIA

カンパーニア州アヴェッリーノ県ラピオ、19世紀から葡萄栽培を営んできたロマーノ家。イルピニアの多く生産者がそうであったように、同家もマストロベラルディーノに葡萄を販売する栽培農家だった。醸造コンサルタントとしても著名なルイジ・モイオ氏が教授を務めるナポリ大学農学部とアッヴェリーノ県立農林研究所からの依頼を受けて、共同プロジェクトとして、“ロマーノ・ニコラ”はワイナリーとして、1985年に設立された。イルピニアの新しい時代を牽引する役目を担ったニコラのファースト・ヴィンテージは、1988年のフィアーノ。

畑の標高は550~600m。夏は日中35~37℃、夜間は15℃と寒暖の差が激しい内陸性気候。土壌は石灰と小石を含む火山性粘土質。ほど近いヴェスビオ火山から、時に灰も降ってくる。“アリアニエッロ”と呼ばれる風が終始吹き、表皮の薄いアリアニコにとって、湿気が残らないこのアッヴェリーノの気候は最も適している。畑は3カ所に点在しており、全部で4ha. 南西向き、東向き、西向きとヴィンテージの差を吸収しバランスをとれる。

「アヴェッリーノの大地が育む葡萄本来の力を体現したい」と語るロマーノ氏。
仕立てにもワイヤーなど用いず、柳やエニシダのやわらかい枝など土に返るもののみを使い、徹底した有機農法を実施。アヴェッリーノのテロワールと、氏の情熱が香り高く上品な果実味、しっかりしたタンニンと酸との構成力を持つ堂々として緊張感あるタウラージを造る。 

商品アイテム一覧

最新の参考小売価格、ヴィンテージは
月次ワインリストをご確認ください。

Fiano di Avellino

フィアーノ・ディ・アッヴェリーノ

白│750ml

トレビッキエーリ常連ワイナリーが集中し、「フィアーノの聖地」と呼ばれるラピオ村で造られる。中でもロマーノ・ニコラの畑は標高550mという高地にあるベストパート、アリアニエッロ地区。自然なアプローチはもちろんのこと、仕立てにワイヤーを使わず柳やシダの柔らかい枝など「土にかえるもの」のみを使用する究極の有機農法。ステンレスタンクにて6ヶ月間熟成。年産15,000本。フィアーノ。

Taurasi

タウラージ

赤│750ml

ステンレスタンクにて36ヶ月、オーク大樽(30hl)にて16ヶ月熟成。カンパーニャ地方原産葡萄品種アリアニコ種を100%使用。ラピオ地区(粘土泥質、標高550m)にて栽培された葡萄を使用。深いルビー色、香りが高く複雑でしかりとした構成、黒いベリー系、複雑なスパイスの香り、余韻が長くフルボディの赤ワイン。

サロン・ド・ヴァンパッシオンへのご登録

ワイン愛好家のみなさまに特別な情報をお届け

【入会費・年会費無料】

  • 特別試飲会
  • 限定レアワイン
  • 生産者来日イベント