CIROPICARIELLO

チロピカリエッロ

ITALIA
CAMPANIA

「畑での仕事が全て」と語るチロ・ピカリエッロ氏が、妻リタと息子で1997年にスタート。アッヴェリーノ県スッモンテに7haの畑を所有、内5haでフィアーノ・ディ・アヴェッリーノ、2haでアリアニコ、シャシャノーソ、ピエディロッソを栽培。

海抜650m、南~南東にある畑は、表土は火山灰土壌、地層部は粘土を主に、スレート、砂岩、礫石、マールなどの複雑な土壌。太陽が降り注ぐ夏と、冷たく強い風が吹く厳しい冬のアヴェッリーノにおいて、フィアーノはイタリアでは数少ない、長期熟成が可能な白葡萄となる。

『この恵まれた伝統ある地に生まれ育った幸運と、その地でさらに高品質のワインを造る。』というチロとリタの夢を実現するため、2004年に自社のカンティーナを設立。徹底したビオロジック、真摯に葡萄と向きあう。ワインへのSo2の添加量は少なく、ろ過・清澄も行わないが、驚くほどクリーンであり、かつスケールを感じさせる酒質を持つ。

2008年、2010年、2014年ヴィンテージのフィアーノがガンベロロッソ誌でトレ・ビッキエーリを、ビベンダでも5グラッポリを獲得するなど、躍進を続けている。

商品アイテム一覧

最新の参考小売価格、ヴィンテージは
月次ワインリストをご確認ください。

Irpinia Fiano

イルピーニア・フィアーノ

白│750ml

オーガニック栽培実践中(未認証)。ワイナリー周辺にある標高650mのスッモンテの畑から。粘土、ローム、砂岩土壌。10月第2-第3週までかけて熟成させ、手摘み収穫。自然酵母により60日間かけて発酵後、ステンレスタンクで6ヶ月間、ボトル内で3ヶ月間の熟成を経てリリース。フィアーノ。

Fiano di Avellino

フィアーノ・ディ・アッヴェリーノ

白│750ml

標高650m「スッモンテ村」の畑から。かつて海底だった地が隆起し、その後噴火の影響を受けたことから地層部に石灰質粘土、スレート、表層に石灰石、銅鉱石を含む火山灰土壌という複雑な地層を持つ。高い標高のため夏も20-23度程度で冬は積雪もあり、年中強い風が吹く過酷な環境。Gambero Rosso トレビッキエーリ (2008/2010/2014VTG)、BIBENDA 5 Grappoli。フィアーノ。

サロン・ド・ヴァンパッシオンへのご登録

ワイン愛好家のみなさまに特別な情報をお届け

【入会費・年会費無料】

  • 特別試飲会
  • 限定レアワイン
  • 生産者来日イベント