MASO GRENER

マソ・グレーネル

ITALIA
TRENTINO ALTO ADIGE

世界でいち早く、1970年代に〝適地適品種”を広大なラヴィスの800haの畑で実施させ、ラヴィスをイタリア最優秀ワイナリー(2012)へと押し上げたトレンティーノNo.1醸造家、ファウスト・ペラトーネル。ラヴィスの社長として、同社を欧州一のコーポラティボへと造り上げた輝かしい実績を持つ。

現在は、サンミケーレ醸造学校で共に学んだ醸造家の妻と1999年に設立した“マソ・グレーネル”を営む。〝グレーネル”とはガルデ-ナ渓谷出身である、ペラトーネル・ファミリーを親しみを込めた呼び方。

ラヴィスのリトラッティ・シャルドネの栽培農家でもあるファウストは、プレッサーノとアヴィシアーネの標高 300~390mに3haの葡萄畑を所有する。自然との調和を尊重し、オーガニック栽培でトレンティーノに生まれた誇りと情熱をかけたファウストの新たな挑戦、マソ・グレーネル。

初リリース2013年が英国デキャンター誌の「リコメンドPinot Noir & Chardonnay」に選ばれ、イタリア初のイタリア人によるイタリアワインガイド「GUIDA DEI VINI ITALIANI(ルカ・マローニ)」でも高得点を贈られている。

商品アイテム一覧

最新の参考小売価格、ヴィンテージは
月次ワインリストをご確認ください。

Bianco

ビアンコ

白│750ml

アディジェ川に向かう南西向き斜面にある5haの単一畑「トラッタ」に植えられたシャルドネとソーヴィニヨン・ブランをブレンド。石灰とマグネシウムが混ざる水はけの良いドロミテ土壌で標高320-330m、ステンレスタンク発酵後、そのまま8ヶ月間シュール・リー。フレッシュなリンゴや柑橘系フルーツの香りが爽やかに広がり、スッキリとした飲み口にコクとなる塩味がある。Luca Maroni 2020 94。シャルドネ70%、ソーヴィニヨン30%。

Nosiola

ノジオラ

白│750ml

マソ・グレーネルのカンティーナがあるプレッサーノは、トレンティーノの土着品種ノジオラ種の発祥の地。ファウスト氏が畑を手に入れた時にはわずか150本しか生息していなかったノジオラを少しずつ増やし、ついに醸造できるように。樹齢50年の古木も含まれ、軽やかな口当たりながら特徴的な塩味があり奥深い。Luca Maroni 2019 92。ノジオラ。

Chardonnay "Tratta"

シャルドネ “トラッタ”

白│750ml

石灰とマグネシウムが混ざった、水はけのよいドロミテ土壌。標高330-380mの南西向き斜面にある単一畑「トラッタ」の樹齢35年のシャルドネ。ステンレス発酵後、10ヶ月間のシュール・リー。蜜が詰まったリンゴやパイナップルのようなフルーツの香り、ふくよかなボディを持ち、長い余韻を残す。年産 5,400本。Luca Maroni 2020 97。シャルドネ。

Sauvignon "Tratta"

ソーヴィニヨン “トラッタ”

白│750ml

シルトを多く含むドロミテ土壌。標高320-360mの西/南 西向き斜面にある単一畑「トラッタ」のソーヴィニヨン。伝統的なペルゴラ仕立てで、平均樹齢25-35年。80%ステンレス、20%大樽で発酵し、それぞれで熟成。ホワイトアスパラガスやマグロのタルタル、ハーブを利かせたチキンソテー、甲殻類や貝類とも相性がいい。長期熟成能力があり、フランスやニュージーランド等とは全く表情が異なるソーヴィニヨン。年産 5,400本。Luca Maroni 2019 92。ソーヴィニヨン。

Pinot Nero "Bindesi"

ピノ・ネロ “ビンデシ”

赤│750ml

アディジェ渓谷を臨む標高400-480mの西向き斜面にある単一畑「ビンデジ」。「ビンデジ」とはローマ帝国支配下のラエティア語で「地崩れ」を意味し、もともと火山であった土地。赤茶色の土を多く含むドロミテ土壌。わずか0.5haのみの小さな区画から収穫したピノは500リットルの開放桶でマセラシオンし、一部のみ新樽熟成。肉厚な質感でコクのある味わいに、フィネスとシルキーな口当たり、エレガントさが加わる。年産 3,000本。Luca Maroni 2018 95。ピノ・ネロ。

サロン・ド・ヴァンパッシオンへのご登録

ワイン愛好家のみなさまに特別な情報をお届け

【入会費・年会費無料】

  • 特別試飲会
  • 限定レアワイン
  • 生産者来日イベント