株式会社ヴァンパッシオン

義兄の本 | BLOG ブログ

義兄の本

  • 2009.05.19

昨年に姉が嫁いだ元力士の一の矢さんが、本を上梓しておられます。

そして、評判が良く増刷が決まったようです

本の内容は、シコを踏むことで健康なれるという実践的な内容です

カラー写真による解説がとてもわかりやすい本です

■ 以前にもご紹介させていただきましたが、松田(元・一の矢)さんは :

史上最年長での高砂部屋への入門 (当時若松部屋)

国立大から初の入門

決まっていた高校の物理学の教職を捨てた

史上最高齢=46歳まで現役で土俵にあがり続けた

・・・という方です

ご自身が「裏口入門」といっておられるように、

身長も体重も新弟子試験の基準に満たないほどの小兵力士でありました

40歳を超えても、10代や20代の大きな若者と全力でぶつかり合う生活を続けられたのは、

相撲への愛情や努力の他に、やはり体のメンテナンスがしっかりされていたのだと思います

日本で14人しかいないアスレチック・トレーナーの「マスター」を保持する白木教授のご協力による本です。

白木教授は、最高齢現役投手である工藤選手、現在絶好調のプロゴルファー片山選手のトレーナーでもあられる、その道の専門家です。

シコを踏むと何が良いのか科学的な解説にも踏み込んであります

みなさんも是非

シコふんじゃって下さい♪

一覧へ戻る

Topics

ドメーヌ・ギィ・ラルマンディエ
Domanine Guy Larmandier

コート・デ・ブランの白亜の大地を母にして、シャルドネの精髄を結晶させるクラマンの鮮白、ギィ・ラルマンディエ。

Champagne / Domanine Guy Larmandier

本拠地をコート・デ・ブラン地区南部のヴェルトゥ村に置き、ブラン・ド・ブランのお手本のようなシャンパーニュを産み出し続けるドメーヌ。グラン・クリュのクラマン村に、多くの区画を所有する。現在はギィ・ラルマンディエ氏の息子、フランソワ・ラルマンディエ氏が栽培から醸造までを一貫して取り仕切る。同家に足を踏み入れて、まず目に飛び込むのは100年近く前の圧搾機。当主のフランソワ・ラルマンディエで5代目と、随所...

NEWS