株式会社ヴァンパッシオン

Bourgogne / Cote de Beaune / Seguin Manuel | 生産者

セガン・マニュエル

Seguin Manuel

国名FRANCEフランス
産地名COTE DE BEAUNEコート・ド・ボーヌ
生産者所在地SAVIGNY-LES-BEAUNEサヴィニー・レ・ボーヌ
イメージ
「伝統と革新」300年続く老舗ドメーヌを名門シャンソン家の若き才能が再びトップに引き上げる。

1720年ドメーヌ創立、1824年にネゴシアン部門を開設した老舗中の老舗。よって、サヴィニー村においては、著名ドメーヌもうらやむ各畑のベストの位置にある区画を所有。7代目のピエール・セガン氏の造るワインは“ブルゴーニュの隠れた逸品”とフランスのワイン愛好家から非常に高く評価されていた。近年は跡継ぎ問題でドメーヌの存在が危ぶまれたが、2004年にはティボー・マリオン氏の所有となる。ティボー氏は、ボーヌで10世代続く名門ネゴシアン、シャンソン家の息子として1969年に生まれ、セガン・マニュエルを所有するまで、7年間シャンソンにてワイン造りとビジネスのキャリアを積む。シャンソンがボランジェ・グループに吸収されるにあたり、独立を模索し、この名家を引きつぐことを決定した。ワイン造りにおいては、ソーティングテーブルでの葡萄の選果、葡萄の個性に合わせた温度コントロールの効くタンクや大樽での醗酵、環境の良いセラーにて樽熟成、必要最低限のフィルターがけなど、細やかな心遣いの積み重ねを行い、過度に抽出し過ぎないしなやかなブルゴーニュらしいワイン造りを身上とする。



最新の参考小売価格、ヴィンテージは月次ワインリストをご確認ください。

アイテム ml 入数 備考 JAN
ブルゴーニュ・シャルドネ
Bourgogne Chardonnay
75012-3770000419405
料理との相性を第一に考え、アペリティフ、前菜、サラダ、シーフードなどとのマリアージュを検討した結果、幾多の候補の中からセレクトされたマコネ地区の石灰粘土質土壌の葡萄を使用。ステンレスタンクにてシュール・リーの状態で8ヶ月熟成。フレッシュでフローラルなアロマ。飽きることなく食中酒として楽しめ、品質の安定感も抜群である。
ブルゴーニュ・ピノ・ノワール
Bourgogne Pinot Noir
75012-3770000419337
コート・ド・ボーヌの個性であるエレガントな赤いベリー系果実や香り立つ花のようなニュアンスを表現する為に、サヴィニー・レ・ボーヌ、ショレ・レ・ボーヌ、ヴォルネイなどエレガントなピノ・ノワールをアッサンブラージュ。10ヶ月の樽熟成。柔らかい酒質は食中酒として料理を引き立てる仕上がりとなっている。一部はステンレスタンク熟成、一部は10ヶ月樽熟成後ブレンドする。
ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌ・ルージュ
Bourgogne Hautes Cotes de Beaune Rouge
75012--
標高450-500Mの高さにあるオート・コート・ド・ボーヌの畑。レッドベリーにスパイスの香り。とてもピュアな果実味とミネラルがあり、清涼感のある味わい。柔らかなタンニンを持つ。タンク内で10ヶ月熟成。
ヴィレ・クレッセ
Viré-Clessé
75012--
マコン地区内にあり、1998年に新しく認定されたAC・ヴィレ・クレッセ。とても広いヴィレ・クレッセAOCの中でも、東向き斜面に位置する古樹の葡萄を使用。ステンレスタンクで8ヶ月シュール・リー。熟した果実感に品のある酸がバランスし、有機野菜などの味の個性際立つ素材との相性が楽しめる。
ジヴリー・プルミエ・クリュ・クレミヨン
Givry 1er Cru Crémillons
75012--
サヴィニー・レ・ボーヌ・ヴィエイユ・ヴィーニュ
Savigny-lès-Beaune Vieilles Vignes Rouge
(Domaine)
750
375
12
12
--
ラヴィエール&セルパンティエールの銘畑に挟まれた1.6haの区画Godeauxゴドー。奥深い谷に広がるサヴィニー・レ・ボーヌの中で、真南を向いた斜面上部、ローマ時代の井戸跡が畑にあり、古くから開墾されていた銘畑の中央部に区画を持つ。凝縮した果実ときめの細かいタンニンがしっかりとした土壌の個性を描き出す。ヴィラージュ・ワインの中でもコスト・パフォーマンスに優れている。12ヶ月樽熟成(新樽15%)
サヴィニー・レ・ボーヌ・グードレット・ブラン
Savigny-lès-Beaune Goudelettes Blanc
(Domaine)
75012--
奥まったサヴィニー村の更に奥の上部に位置するGoudelettesグードレットの畑。一段と涼しい畑であるが、十分な日照量もあり、酸、ミネラル、果実味がバランスしたボリューム感ある味わいが印象的。徹底的な畑の改革を行い、畑もワインも復活を遂げ、その個性をダイレクトに表現している。樽醗酵、樽熟成12ヶ月。
サヴィニー・レ・ボーヌ・プルミエ・クリュ・ラヴィエール・ルージュ
Savigny-lès-Beaune 1er Cru Lavières Rouge
(Domaine)
75012--
フラッグシップ・ワイン。真南向きの斜面中腹という近隣のドメーヌもうらやむベスト・パートに区画を持つ。ティボー・マリオン氏が引き継いでから、徹底的に畑を見直し、土壌に生気を与え、オーガニックアプローチを行った為、果実の良さが年々引き立ってきている。サヴィニー・レ・ボーヌの特徴でもある木いちごのチャーミングなアロマと、ミネラルから来る動物的ニュアンスが見事にバランスするドメーヌの看板ワイン。是非このワインでセガン・マニュエルの実力とエレガント・ブルゴーニュの食事との相性をご確認いただきたい逸品。樹齢45年。14ヶ月樽熟成(新樽25%)
ムルソー・ヴィエイユ・ヴィーニュ
Meursault Vieilles Vignes
75012--
ヴォルネイ側の丘に位置する石垣で囲まれたLe Clos du Crominル・クロ・デュ・クロマンの畑から。樹齢35年。ムルソーらしい厚みとトーストのニュアンスも持つ。樽香がわざとらしくなく上品にワインを引き立てている。綺麗なミネラル感と酸が特徴のヴォルネイ側の葡萄に、斜面中腹部の日照量の良さが果実の充実を育んだバランス抜群の「トレ・ムルソー!」樽熟成14ヶ月。
ムルソー・レ・クルー
Meursault Les Clous
(Domaine)
75012--
2012年まではヴォルネイ側の丘に位置する「Le Clos du Cromin」(ル・クロ・デュ・クロマン)の畑から造っていたが、2013年からは新しく購入した畑「Les Clous Dessus」(レ・クルー・ドゥシュ)の畑から造る。0.32ha所有。森の手前に広がる東向き斜面の畑。黄色みがかった泥灰土に石灰質と石の多い土壌。凝縮度が高くフルボディのワインだが、斜面上部の畑ゆえにしっかりとした酸を持つフレッシュ感のある味わい。12ヶ月の樽熟成。
ジュヴレイ・シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュ
Gevrey Chambertin Vieilles Vignes
75012--
特級マジ・シャンベルタン直下のLes Epointuresレ・エポワンチュールと国道に隣接した村落近くに位置するAux Corveeオー・コルヴェとのブレンド。赤・黒系のベリー系果実味溢れる。穏やかながら、骨格あるタンニンがジュヴレイらしさを表現している。15ヶ月樽熟成。
ニュイ・サン・ジョルジュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ
Nuits Saint Georges Vieilles Vignes
75012--
ニュイの町の南側、プレモー=プリセ地区にある畑。粘土質と石灰質のバランスが良い土壌。樹齢30年超。黒系果実やリコリスの力強い香りに続き、ヘーゼルナッツのような複雑な香りが立ち上がる。凝縮感のあるやや甘みを伴う果実味に、引き締まった酸とタンニンに支えられたしっかりとした構造があり余韻も長い。14ヶ月樽熟成(新樽25%)
ピュリニー・モンラッシェ・レ・ルショー
Puligny Montrachet Les Reuchaux
(Domaine)
75012--
ヴォーヌ・ロマネ・オー・コミュンヌ
Vosne Romanée Aux Communnes
(Domaine)
75012--
ジュヴレイ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・レ・カズティエ
Gevrey Chambertin 1er Cru Les Cazetiers
75012--
シャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・シャルム
Chambolle Musigny 1er Cru Les Charmes
75012--
ボーヌ・プルミエ・クリュ・クロ・デ・ムーシュ・ブラン
Beaune 1er Cru Clos des Mouches Blanc
(Domaine)
75012--
「養蜂場」の意味を持つボーヌ1級の中でも著名な畑。ポマール村に接し、ボーヌの中では一番南に位置し、区画は斜面上部、東を向いたベストパート(樹齢25年)。チボー・マリオン氏がセガン・マニュエルを引き継いでから所有した、ドメーヌの顔となる出色の白ワイン。ミネラル感も併せ持つ、しっかりとした酒質、芳醇なワイン。14ヶ月樽熟成(新樽25%)
ボーヌ・プルミエ・クリュ・サン・ヴィーニュ・ルージュ
Beaune 1er Cru Cent Vignes Rouge
(Domaine)
75012--
サン・ヴィーニュはボーヌ村北部、サヴィニー・レ・ボーヌ側に近い斜面中腹に位置し、土壌は粘土石灰岩に鉄分が含まれる。樹齢40年以上。12ヶ月樽熟成。強すぎないソフトなタンニンと果実味が豊富に広がり、長い余韻が心地よい。
ボーヌ・プルミエ・クリュ・シャンピモン・ルージュ
Beaune 1er Cru Champimonts Rouge
(Domaine)
75012--
シャンピモンはボーヌ村東向きの丘陵地帯の南部ポマール側中腹部斜面に位置し、小石が多く混じる粘土石灰岩土壌。樹齢35年以上。一部除梗した葡萄も合わせて発酵し、14ヶ月樽熟成。凝縮した果実、華やかなアロマ、よく熟したタンニンがワインにしなやかなテクスチャーを与えている。
ボーヌ・プルミエ・クリュ・ブレッサンド・ルージュ
Beaune 1er Cru Bressandes Rouge
(Domaine)
75012--
ポマール・プルミエ・クリュ・レ・プティ・ゼプノ
Pommard 1er Cru Les Petits Epenots
75012--
クロ・ド・ヴージョ
Clos de Vougeot
75012割当品-
造り手によって品質の差が最も激しく表れると言われる特級畑。ミュジニーの真下、シャトーに近い北側の区画。樹齢40年。最高にして最大のクロ・ド・ヴージョの所有者と言われるルイ・ジャド社やヴォーヌ・ロマネの名門、ジャン・グリヴォの畑にも近い、北側の斜面下部の区画から造られる、男性的で力強く、長命でクラシックなスタイルのクロ・ド・ヴージョ。15ヶ月の樽熟成。
コルトン
Corton
75012割当品-
コルトンの丘でも南東向きの斜面中腹~下部にある「Les Combes」(レ・コンブ)というリューディから造る。樹齢30年。鉄分の多い赤い粘土に石灰岩が混ざる土壌から、力強くベルベッティなワインとなる。チェリーやスパイス、土っぽさがありながら、ピュアで力強い香り。しなやかなタンニンがワインに融合し、滑らかな質感。凝縮度が高く構造もしっかりとしているが、上品な印象。16ヶ月の樽熟成。
エシェゾー
Echézeaux
75012割当品-
コルトン・シャルルマーニュ
Corton Charlemagne
75012割当品-
ペルナン・ヴェルジュレスに入る南向きの「En Charlemagne」(アン・シャルルマーニュ)の斜面中腹部という最上の区画から造られる。樹齢45年。秀逸なコルトン・シャルルマーニュと言える甘美さを湛えつつ、偉大なテロワールのエネルギーを秘めた濃密な味わい。14ヶ月の樽熟成。
バタール・モンラッシェ
Batard Montrachet
75012割当品-
シャサーニュ・モンラッシェ村との境界近くにある、ピュリニー・モンラッシェ村内のバタール・モンラッシェ。樹齢30年。東向き斜面中腹部の畑。白い果実のデリケートな香りに、バタールらしいアカシアの蜜のような香り。芳醇で奥行きのある味わい。構造もしっかりとしているが流麗。調和とバランスに秀でたワイン。15ヶ月の樽熟成。
シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ
Chambertin Clos de Bèze
75012割当品-
一覧へ戻る