株式会社ヴァンパッシオン

Bordeaux / Cuvelier Family (Chateau Leoville Poyferre) | 生産者

キュヴリエ・ファミリー(シャトー・レオヴィル・ポワフェレ)

Cuvelier Family
(Chateau Leoville Poyferre)

国名FRANCEフランス
産地名BORDEAUXボルドー
生産者所在地ST-JULIENサン・ジュリアン
イメージ
シャトー・レオヴィル・ポワフェレのオーナー、キュヴリエ家から、ポワフェレ醸造チームが手がけるガストロノミック・レストラン御用達ワイン

1990年代から、劇的な品質の向上が話題を呼ぶサン・ジュリアン第2級、レオヴィル・ポワフェレ。現在、この偉大なるシャトーを率いるのはディディエとオリヴィエ・キュヴリエの兄弟。かつてメドック最大・最上と言わしめた「レオヴィル」を巡る、領地割譲の歴史は有名。そのうちの1つポワフェレをキュヴリエ家が購入したのは1920年。ディディエが指揮を執るのは1979年から。父が始めたワイン商を継いだ弟のオリヴィエに販売を託す。偉大なる2003年ヴィンテージに、ロバート・パーカーは1級に最も近いと言われる隣人ラス・カーズより評価の高い、驚愕の96点を与えた。また、ヴィノテーク6月号でも、2006年のプリムール試飲を総評した田崎真也氏は、同じサン・ジュリアンのグリュオー・ラローズに「16.5点」、レオヴィル・バルトンに「17.5」点を与え一方で、ポワフェレには同年の最高と名高い、モンローズと同等の「18点」を与えた。1994年からコンサルに加わったミッシェル・ローランの助言で、ファイナル・ブレンドを1年先に伸ばしたというオリヴィエ。「たった4ヶ月でプリムール試飲のためだけにブレンドをしてもワインの真価は計り知れない」と慎重、且つ、懐疑的な姿勢を見せるが、ポワフェレに対する期待は年々高まるばかり。ジャーナリストの評価にも媚びることのない、毅然とした高潔な魂を持つ限り、この先も躍進が続くことは間違いない。



最新の参考小売価格、ヴィンテージは月次ワインリストをご確認ください。

アイテム ml 入数 備考 JAN
シャトー・レオヴィル・ポワフェレ
Chateau Leoville Poyferre
(AC St-Julien / 2eme Grand Cru Classe)
75012--
Chateau Leoville Poyferre
(AC St-Julien / 2eme Grand Cru Classe)
75012--
Chateau Leoville Poyferre
(AC St-Julien / 2eme Grand Cru Classe)
75012--
スーパーセンカンド4強の中でも評価急上昇中。2009年ヴィンテージは、コス、モンローズ、ラス・カーズと並んで100点の評価を得た。メドックで最も良いと言われる、砂礫質の深い土壌を持つジロンド河に近い段丘上の畑から、内陸部側のムーランリッシュの畑まで所有。異なるテロワールから多様性と、サン・ジュリアンの親しみやすさだけではない、複雑さが生まれる。18-20ヶ月の樽熟成。カベルネ・ソーヴィニヨン65%、メルロー25%、プティ・ヴェルド8%、カベルネ・フラン2%。
シャトー・ムーラン・リッシュ
Chateau Moulin Riche
(AC St-Julien)
75012--
レオヴィル・ポワフェレの内陸側の畑から造られる「ムーラン・リッシュ」。 樹齢40年以上。ラグランジュやタルボに隣接した内陸側の畑。“タルボを選ぶなら、ムーラン・リッシュが断然お得”。樹齢も40年を超える。タンク内で発酵。熟成には新樽または1年樽を使用。最長20ヶ月の樽熟。サン・ジュリアンらしい優雅さとバランスの良さを持ち、よりタンニンはしなやか。比較的若いうちから楽しめるワイン。カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロー25%、プティ・ヴェルド8%、カベルネ・フラン2%
パヴィヨン・ドゥ・レオヴィル・ポワフェレ
Pavillon de Leoville Poyferre
(AC St-Julien)
75012--
Pavillon de Leoville Poyferre
(AC St-Julien) 1/2
37524--
Pavillon de Leoville Poyferre
(AC St-Julien) 1/2
37524--
レオヴィル・ポワフェレの若木から造られるセカンド・ワイン。品質の高まりとともに、ポワフェレの名を冠するキュヴェへと改名。味わいの完成度という点では、ムーラン・リッシュが格上だが、ポワフェレらしさはこのパヴィヨンにより強く感じる。最長18ヶ月の樽熟。1年&2年樽を使用。カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロー25%、プティ・ヴェルド8%、カベルネ・フラン2%
シャトー・ル・クロック
Chateau Le Crock
(AC St-Estephe / Cru Bourgeois)
75012--
“エール・フランス・ビジネスクラス搭載、 モンローズに隣接した「ル・クロック」”。 同家が所有していたカマンサックを手放し、ル・クロックを選んだという、モンローズに隣接したベスト・テロワール、シャトーはコス・デストゥーネルとオーマルビュゼに近接。小さな丘を隔ててラフィットにも程近い。畑は第2級モンローズに隣接したジロンド河を望むベストテロワールを持つ。ナポレオン3世による1855年の格付けの際には、ファーストリストで第5級に認定されていた「幻のグラン・クリュ・クラッセ」。平均樹齢35年。最長20ヶ月の樽熟。カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー25%、プティ・ヴェルド10%、カベルネ・フラン5%
シャトー・ラ・クロワ・サン・テステフ
Chateau La Croix St-Estephe
(AC St-Estephe)
75012--
“ル・クロックのセカンド「ラ・クロワ・サン・テステフ」” ビッグなタンニンというサン・テステフらしさはありながら果実味豊かで、エレガントな都会的スタイルに仕上げた。かつてキュヴリエ家は、第5級カマンサックも所有していたが、ル・クロックの素晴らしいテロワールゆえにカマンサックを売却。ル・クロックを残した逸話を残す。元ポワフェレの醸造責任者が総指揮を執る。カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー25%、プティ・ヴェルド10%、カベルネ・フラン5%
キュヴリエ・ブラン
Cuvelier Blanc
(AC Bordeaux)
75012-3700091812960
ブライエ地区。上質を求め、こだわり尽くし実現したソーヴィニヨン・ブラン100%。レオヴィル・ポワフェレの醸造チームが100ものタンクから試飲を重ねて造る「ハウスワイン・セレクション」。ボルドーのソーヴィニヨン・ブランらしい、余韻まで新鮮なフルーツ感と口当たりの良さを持つ辛口の白ワイン。シトラスや白桃、ハーブに、フローラルの香りが伴い、一層華やかな印象。
キュヴリエ・ルージュ
Cuvelier Rouge
(AC Bordeaux)
75012-3700091807560
Cuvelier Rouge
(AC Bordeaux) 1/2
37524-3700091809892
「パリの高級レストランでも通用するハウスワイン」としてキュヴリエ家が造らせたACボルドー「キュヴリエ」。プルミエ・コート・ド・ブライエ100%の葡萄を格下ACボルドーでリリースする1本。オーナー自らとポワフェレのエノロジストが試飲を重ねて造るネゴススタイル。ラベルもレオヴィル・ポワフェレと同じイエロー、同家の紋章を冠したデザイン。メルロー40%、カベルネ・ソーヴィニョン30%、カベルネ・フラン30%
シャトー・マティオ・ブラン
Chateau Mathiot Blanc
(AC Bordeaux)
75012-3700091807829
畑はアントル・ドゥー・メールのHaut Benauge(オー・ベノージュ)村にあるアルジロ・カルケール土壌。フレッシュハーブ、グリーン・アップル、キャンディ香。クリスピーなアタックにクリーンな味わいで、最高に爽やかなアペリティフにもおすすめ。ソーヴィニヨン・ブラン40%、セミヨン40%、ミュスカデル20%
シャトー・マティオ・ルージュ
Chateau Mathiot Rouge
(AC Bordeaux)
75012-3700091807812
畑はアントル・ドゥー・メールのHaut Benauge(オー・ベノージュ)村にあるアルジロ・カルケール土壌。南向き斜面。タンク内で10ヶ月熟成。カシスやジャム、フローラルの香りが印象的。レオヴィル・ポワフェレのオーナー曰く「一般的なプチ・シャトーはアタックの印象は強いが、その後の余韻が短いものが多い。このシャトー・マティオの素晴らしいところは、豊かな果実味がしっかりとバランスを保ちながら長い余韻をもたらすこと」。今、最も重宝される「安くて美味しい」1本。カベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロ30%
一覧へ戻る