株式会社ヴァンパッシオン

Loire / Domaine Serge Dagueneau & Filles | 生産者

ドメーヌ・セルジュ・ダグノー

Domaine Serge Dagueneau & Filles

国名FRANCEフランス
産地名LOIREロワール
生産者所在地POUILLY-SUR-LOIREプイィ・シュール・ロワール
イメージ
過去から受け継がれるテロワールと価値観を、未来へ繋ぐ年子の姉妹、プイィ・フュメのテロワールの代弁者

ドメーヌはロワール川右岸、プイィ・フュメの中心地プイィ・シュール・ロワールの町から北へ3キロ、葡萄畑に囲まれたサン・タンドランの小さな集落にある。ドメーヌ設立当初は小麦畑なども耕作する複合農業を営んでおり、現在のワイナリーも納屋だった建物が一部利用されている。初代が購入した土地に7ヘクタールの葡萄を植え、ドメーヌとして規模を拡大したのは2代目である。3代目セルジュに男子はなく、4代目当主は年子の姉妹が務める。現在はワイン専業で18ヘクタールを所有し、75アールのシャスラー(プイィ・シュール・ロワールのアペラシオン)を除いて、ソーヴィニョン・ブランからプイィ・フュメを生産している。フルタイムの従業員4名を抱えているが、基本的に栽培から販売まで家族で行いたいため、これ以上ドメーヌの規模を大きくするつもりはない。父セルジュからドメーヌを任されている年子の姉妹、おっとりとした姉フローランスはボーヌの農業学校で、男勝りの妹ヴァレリーはマコンのワイン農業学校で学んだ。特に分担も決めず、家族全員で協力して運営しているほのぼのとしたドメーヌだ。表土「テール・ブランシュ(白い土)」と呼ばれる粘土石灰質の下に泥土キンメリジャンが広がるテロワール。ロワール川をはさんだ対岸サンセールに比べると、ほぼ同じ土壌だが、標高が低く、骨格の柔らかな味わいのワインが生まれる。近隣の奇才、ディディエ氏が親戚にあたる。地元では、一般愛好家向けのインパクトの強いワインがディディエならば、プロ向けのオーソドックスな正統派ワインはセルジュとされる。



最新の参考小売価格、ヴィンテージは月次ワインリストをご確認ください。

アイテム ml 入数 備考 JAN
プイィ・フュメ
Pouilly Fume
75012-3760048780117
ソーヴィニョン・ブラン100%。テール・ブランシュ(=白い土)と呼ばれる粘土石灰質土壌。底土にシャブリと同じ貝殻を多く含むキンメリジャン。南〜南東向きのベストパート。平均樹齢35年。アタックは柔らかいが厚みと完熟感のある1本。
プイィ・フュメ・クロ・デ・ショードゥー
Pouilly Fume Clos des Chaudoux
75012完売-
ソーヴィニョン・ブラン100%。わずか1.4ヘクタールを所有。傾斜のきついショードゥーの丘の南斜面。完全に熟した葡萄だけを手摘みする。マロラクティック発酵を行うことにより、程よい酸と骨格のしっかりした味わいのワインが生まれる。
一覧へ戻る