株式会社ヴァンパッシオン

Loire / Domaine Jean Marie Penet ( Chateau de la Presle ) | 生産者

ドメーヌ・ジャン・マリー・ペネ(シャトー・ド・ラ・ペスル)

Domaine Jean Marie Penet
( Chateau de la Presle )

国名FRANCEフランス
産地名LOIREロワール
生産者所在地TOURAINEトゥーレーヌ
イメージ
ブルゴーニュのサラブレッドが醸す高貴なタッチを持つトゥーレーヌ銘酒と、英国皇太子ご用達のクレマン

トゥール市から東へ約40km、典雅なシャトーが点在するトゥーレーヌ地区の小さな村にドメーヌはあり、ドメーヌもまた、シャトー・ド・ラ・ペスルという名の優雅な城である。1885年にジャン・バティスト・ロベール氏が畑を買ったことにより、ドメーヌの歴史は始まる。ラベルに描かれているシャトーは当時のもので、ワイナリーに隣接しており、現在も事務所兼住居として使用されている。元詰めは1970年、5代目の当主ジャン・マリーペネ氏が開始した。現在は三女のソフィー氏が跡を継ぎ、夫フレデリック・ムルジェイ氏と共にドメーヌを運営している。ソフィーとフレデリックは、ボーヌのワイン農業学校の同級生である。6代目当主のフレデリック氏は、ボーヌでネゴシアン「シャンピィ」とクルティエを経営するブルゴーニュワインの名門出身。1998年よりジャン・マリー・ぺネ氏の跡を継ぐためにロワールに移ってきた。夫妻はまた、積極的に海外に出て、オーストラリア・ヤラヴァレーの注目ワイナリー、コールドストリームや、ボジョレー、南アフリカの生産者の元でも研修を積んでいる。「故郷を離れて婿に入るのに心配はあったけれど、2人で海外で暮らしたり、学生時代も収穫のたびに彼女の実家で研修をして家族とうまくやっていけるか充分熟慮したよ。今は全く後悔していない。」とフレデリック氏は大きな体をほころばせて笑う。所有する30ヘクタールの畑は、表土は粘土を含む砂地だが15センチほど下には粘土石灰質土壌が広がる。この土地の特産ホワイト・アスパラが育つ土壌と同じという。



最新の参考小売価格、ヴィンテージは月次ワインリストをご確認ください。

アイテム ml 入数 備考 JAN
トゥーレーヌ・ソーヴィニョン・ブラン
Touraine Sauvignon Blanc
75012-3571680000019
かつてロワール川が造った水はけの良い砂地の丘の土壌、冷涼な気候に起因するエレガントな酸味。ペネ氏のほぼ無農薬に近い丁寧な栽培アプローチから生み出されるピュアな果実味が秀逸な一本。ソーヴィニヨンらしい華やかな香りは人を幸福へといざなう。
トゥーレーヌ・ピノ・ドニス・ロゼ
Touraine Pineau d'Aunnis Rose
ロゼ75012--
この地方の土着品種ピノ・ドニス100%。セニエ方式で造られたこのロゼワインは、サーモンピンクの美しい色調を持つ。すっきりしたフルーツ感の中に、エキゾチックなスパイスが漂う。ファッションやスタイルだけではなく、ガストロノミーなシーンで飲みたいロゼ。
クレマン・ド・ロワール・ブリュット
Cremant de Loire Brut
泡白75012--
ドサージュの量を必要最低限にとどめ、リュット・レゾネによる丁寧な栽培で生み出されたヴァン・ムスー。手摘みによる葡萄のみ使用。シャルドネ60%とアルボワ(別名ムニュ・ピノー)40%。12ヶ月以上瓶熟成。シャンボール城におけるチャールズ皇太子の晩餐会でも供された逸品。
メトード・ドラディショネル・ロゼ (トゥーレーヌAC)
Methode Traditionnelle Rose
(Vin Mousseux / TouraineAC)
泡ロゼ75012--
ローズピンク。。チェリーやストロベリーのチャーミングな香りが広がり、艶やかな後味にほのかな甘みが感じられるアペリティフとして、また軽めのデザートと一緒に幅広いマリアージュを期待できる本格的なヴァン・ムスー。
一覧へ戻る