株式会社ヴァンパッシオン

Loire / Domaine Aux Moines | 生産者

ドメーヌ・オー・モワンヌ

Domaine Aux Moines

国名FRANCEフランス
産地名LOIREロワール
生産者所在地SAVENNIERESサヴニエール
イメージ
サヴニエールNO.1の造り手、ドメーヌ・オー・モワンヌ、サヴニエールの別格特級格 「ロッシュ・オー・モワンヌ」の雄

ロワールの極上白ワインを生むサヴニエール。アンジェ市の西、ロワール川右岸沿いの小地区。サヴニエールには多くのクリュがあるが、殆どが山の頂上にあり、川に向かう斜面にある2つのクリュ“ロッシュ・オー・モワンヌ”と“クーレ・ド・セラン”だけが特級格とされる。ロッシュフォール・シュール・ロワールの町を見下ろせる小高い丘にドメーヌはある。オー・モワンヌ(修道僧)の名の通り、ドメーヌの基礎はサン・ニコラ・ダンジェの修道僧によって築かれ、1063年に最初に葡萄が植えられた。その後フランス革命によって、畑と建物は民間の手に渡る。現当主のラロッシュ家は、1967年からサヴニエール村でワイン造りを始めた。1981年にこの“ロッシュ・オー・モワンヌ”最高の地にドメーヌを買い取った。ドメーヌを運営するのは、ラロッシュ夫人と娘テッサ。所有畑は、“ロッシュ・オー・モワンヌ”のみで、30haのアペラシオンのうち、8haを所有する。土壌はシストと砂岩。シストはミネラル分を多く含み、ワインに力強い芯を与える一方、日中の熱を吸収し、夜間に輻射熱を放出して畑を暖める。手摘みによる収穫。シュナン・ブランは同じ区画でも成熟度に差が出るので、熟した葡萄から順に通常5回に分けて収穫。イノックスタンクで発酵。マロラクティック発酵は行わない。新樽も使用しない。シュナン・ブランの他に少量のカベルネ・フランも手がけ、アンジュ・ヴィラージュとして瓶詰めしている。



最新の参考小売価格、ヴィンテージは月次ワインリストをご確認ください。

アイテム ml 入数 備考 JAN
サヴニエール・ロッシュ・オー・モワンヌ
Savennieres Roche Aux Moines
75012--
シュナン・ブラン100%。フレッシュなフルーツの中にカリンや蜂蜜等の香りが溶け込んでいる印象。リッチな味わいながら、芯のあるミネラルが食欲をそそる。美しいバランスと長い余韻が楽しめる素晴らしいワイン。
一覧へ戻る