株式会社ヴァンパッシオン

Languedoc Roussillon / Domaine Alain Chabanon | 生産者

ドメーヌ・アラン・シャバノン

Domaine Alain Chabanon

国名FRANCEフランス
産地名LANGUEDOCラングドック
生産者所在地COTEAUX DU LANGUEDOCコトー・デュ・ラングドック
イメージ
3つ星レストラン垂涎の、今世紀最高ともいえる南仏ワイン。日本では未だ知られざる驚愕の造り手、奇才アラン・シャバノン

モンペリエから西に40km離れたジョンキエールの程近くにドメーヌは居を構える。当主アラン氏は、ボルドーの国立農業専門学校(ENITA)とモンペリエの学校(ENSA)にてディプロムを取得した後、Ch.モンテュスのアラン・ブリュモン氏の下で修行を重ね、続いてコルシカの鬼才コント・ペラルディで経験を積んだ。もともとラギオールの自然の中で生まれ育った氏は、太陽に魅せられ、また南仏の荘厳たる自然と、荒地に力強く生きる葡萄の樹がもたらす神の醸すネクテールともいうべき酒に、自身の本当に愛すべきものを見つけた。畑は、ジョンキエールを中心に、それぞれ特有のミクロ・クリマを持つモンペイルー他、計5つのクリマに所有。背後にはラルザックの岩山がそびえ立ち、太古の地殻変動がもたらした石灰泥土壌となっており、南仏とは思えぬミネラル溢れる長熟タイプのエレガントなワインを産む。栽培については、氏はビオロジックを信奉し、エコセールを取得している。化学肥料はもとより、有機肥料も使用せず、葡萄樹自らが根を深く張り、土壌のミネラル分を汲み取らせている。収量は、南仏では驚愕の25〜30ha/hl。ファースト・ヴィンテージは1992年。1995年には、ゴー・ミヨ誌にて1993vtg赤が「ラングドックTOPワイン」に選ばれ(Points18.5/20)、次いで1999年には「今年度最高ヴィニュロン」に選ばれるなど、その後は世界の知る人ぞ知るトップ・ドメーヌとなった。現在では星付レストラン始め、各国よりオファーが入り、その少ない生産量を競って、世界的に割当てとなっている。



最新の参考小売価格、ヴィンテージは月次ワインリストをご確認ください。

アイテム ml 入数 備考 JAN
ヴァン・ド・ペイ・ドック “トレラン”
VdP d'Oc Blanc Trelans
75012--
アラン・シャバノンの醸す唯一の白。生産量はわずか4000本のみ。その少ない生産量により、世界中で争奪戦となる逸品。12ヶ月樽熟成、トータル30ヶ月熟成の後、瓶詰め。白い果実のコンポート、マテ茶、爽やかな柑橘系の香りや香辛料のニュアンス、樽に起因する甘美なココアのアロマが加わる。ヴェルメンティーノとシュナン・ブランのアッサンブラージュ.。
コトー・デュ・ラングドック・モンペイルー・レスプリ・ド・フォン・コード
Coteaux du Languedoc Montpeyreux L'Esprit de Font Caude
75012終売-
畑はラルザックの石灰岩が剥き出しになる岩山を背に、モンペイルーを中心に広がる石灰泥土壌からなる。夏は灼熱の太陽、冬はマイナス気温になる程、寒暖の差が激しく、またこの一帯特有の強く冷たい季節風によりワインに必要な美しい酸が生まれる。また季節風は葡萄樹を自然と病害菌から守り、よってビオ栽培が可能となる。収量は、約25hl/haに抑える。24ヶ月樽熟成、トータル30〜36ヶ月熟成の後、瓶詰め。シラーとムールヴェードルを主体としたアッサンブラージュ。
コトー・デュ・ラングドック・レ・ボシエール・ルージュ
Coteaux du Languedoc Les Boissieres Rouge
75012終売-
エコセールの厳格なコントロールの元、ビオによる栽培を行う。土壌は痩せた小石混じりの石灰泥質土壌。4週間のキュヴェゾンの後、ステンレスタンクにて36ヶ月熟成の後、瓶詰め。生産量はわずか4600本のみ。かのシャトー・ライヤスにブラインド・テイスティングで勝った経歴を持つ幻級の一本。グルナッシュを主体に少量のム—ルヴェードルとカリニヤンをアッサンブラージュ。
一覧へ戻る