株式会社ヴァンパッシオン

Côtes du Rhône / Domaine Gilles Robin | 生産者

ドメーヌ・ジル・ロバン

Domaine Gilles Robin

国名FRANCEフランス
産地名COTES DU RHONEコート・デュ・ローヌ
生産者所在地CROZES HERMITAGEクローズ・エルミタージュ
イメージ
専門誌も注目、新進気鋭の生産者、ジル・ロバン

ジル・ロバンは1996年に設立された非常に新しいドメーヌ。弊社との付き合いはクローズ・エルミタージュの巨匠アラン・グライヨ氏に紹介されて。葡萄栽培家としては現当主で4代目に当たる。クローズ・エリア以外には1999年にサン・ジョセフに畑を購入し、現在12haを所有する。「将来的にはエルミタージュの畑も購入して、クローズ・エルミタージュ、サン・ジョセフと同じセパージュから異なるテロワールを表現してみたい」と非常に意欲的。近年新しいカーヴも建設した。新カーヴにはグラヴィティシステムを採用して、よりピュアなワインを生み出すようになった。また自然な空気の対流が起こるよう天井は高めに設計されている。清潔感溢れるカーヴである。現当主のジル氏はモンペリエで醸造学を学んだ後、サヴォワ地方で醸造コンサルタントを務めた経歴を持つ。科学的な知識を十分持つ博識者。醸造学が好きな氏は、長い間栽培に興味がなかったのであるが、今では1年の3/4は畑に出ている。栽培はビオ・ロジック。栽培の重要性を認識し、興味を持たせてくれた氏の祖父は残念なことに氏の最初のヴィンテージを見届けて亡くなった。キュヴェ・アルベリック・ブヴェとは、その最も影響を受けた祖父の名を冠したキュヴェ。フラッグ・シップである。先代の経験から得た知識を科学的に理解し伝統に回帰するジル氏は1971年生まれ。これからも益々伸びてゆく注目株である。



最新の参考小売価格、ヴィンテージは月次ワインリストをご確認ください。

アイテム ml 入数 備考 JAN
クローズ・エルミタージュ・パピヨン・ルージュ
Crozes Hermitage Papillon Rouge
75012--
ビオロジックで栽培された若木をメインに使用。現在では砂地のテロワールを持つシャシーからがメイン。葡萄樹が年をとると上級キュヴェへ回されるため、蝶のように巣立っていく様子をキュヴェ名にした。食事とのマリアージュを考えて作られている。
クローズ・エルミタージュ・キュヴェ・アルベリック・ブヴェ・ルージュ
Crozes Hermitage Cuvee Alberic Bouvet Rouge
75012--
古木を使用し、祖父の名を冠した同家のトップ・キュヴェ。メソニエ、シューヌヴェール、シャシーの丘の箇所を使用。エレガントで圧倒的にきめ細やかな、つるりとしたタンニンが特徴。醗酵期間、熟成期間共に長く取るためより複雑に仕上がった入魂の一本。
クローズ・エルミタージュ・マレル・ブラン
Crozes Hermitage Marelles Blanc
75012完売-
シングルヴィンヤードのクローズ・エルミタージュ・ブラン。マレルとはリューディ名でマルサンヌ(75%)とルーサンヌ(25%)が植樹されている。醗酵は全量樽醗酵で、熟成は1/2をフレンチオークで、1/2をタンクにて熟成させる。補酸はせず、全体の25%ほどをマロラクティック醗酵させる。白桃や洋ナシのフレーバーを持ち、評価本受けも良い。
エルミタージュ・ルージュ
Hermitage Rouge
75012--
エルミタージュの中でも、花崗岩の急斜面に位置する「レ・ベサール」の古木より、年間3000本以下のみ生産される希少な1本。清澄はせずノンフィルター。プラムやいちじくの果実に甘いスパイス、リコリスの香りにスモーキーなニュアンス。古木からくる凝縮感と大地のミネラル、複雑味が素晴らしいテロワールを証明している。
一覧へ戻る