株式会社ヴァンパッシオン

Bourgogne / Saone / Domaine Roland Pignard | 生産者

ドメーヌ・ローラン・ピニャール

Domaine Roland Pignard

国名FRANCEフランス
産地名SAONEソーヌ
生産者所在地MORGONモルゴン
イメージ
VIN BIO誌が発刊するバイヤーズガイド Les Bonnes Adresses du VIN BIOにてモルゴンの代表として選ばれた作り手

秀逸なクリュ、モルゴンを産み出すとして名高いリューディ「コート・ド・ピィ」と「シャルム」。ピニャール家のクリュ・ボージョレーは、このシャルムから生み出される。花崗岩の基岩に、花崗岩が風化した砂岩、砂、大理石の混じる表土を持つ土壌。ビオロジックで丁寧に栽培される同家の畑は、現在アグリコール・ビオロジックを取得。エコセールも取得中で、ワインは既に評価が高い。ビオ専門誌『VinBio』誌が定期的に刊行するバイヤーズガイドにて「モルゴン」の代表的生産者として掲載。注目を集める。地域全体でも、上位に入るボジョレー屈指の造り手。現当主で2代目と比較的歴史は浅い。モルゴンの他、レニエに等、合計7ヘクタール所有する。醸造過程では一切SO2は使用せず、最終的に瓶詰前に加えるSO2は極少量。「ドメーヌが所有する、とても痩せた土地を誇りに思う」というローラン氏。それは、樹勢の強いガメイ種にとって、人為的では無く、自然に収量が落ちる事が大切であると理解しているから。葡萄樹はしっかりと管理され、鋤起こしも年7回とまめに行われている。ビオの畑らしく、土壌はふかふかで、葉の一枚一枚も輝くような緑色を呈する。こうして、ローラン氏の手によって育まれた最上の葡萄は、最上のボジョレーへと仕上げられる。



最新の参考小売価格、ヴィンテージは月次ワインリストをご確認ください。

アイテム ml 入数 備考 JAN
モルゴン
Morgon
75012--
ミネラルが強く、果実の凝縮度が楽しめる。フィルターはほんの軽くしかかけておらず、またSO2の量も非常に少ないため、果実の自然な風味を楽しめる。
一覧へ戻る