株式会社ヴァンパッシオン

Chablis / Le Domaine d’Henri | 生産者

ル・ドメーヌ・ダンリ

Le Domaine d'Henri

国名FRANCEフランス
産地名CHABLISシャブリ
生産者所在地CHABLISシャブリ
イメージ
ミッシェル氏50年目の集大成とラロッシュ家の永遠への始まり

僅か6haの小規模零細ドメーヌから、世界的に著名な100ha超の銘畑を所有するクオリティネゴシアンに発展させた、シャブリを代表するワイナリーを築いたミッシェル・ラロッシュ氏。

その名がワイン史に燦然と輝くのは、大規模ワイナリーながら、最高峰の品質を誇るワインを生み続けてきたことにある。氏は、シャブリのグラン・クリュ協会の会長も務め、1998年には、ワインスペクター誌で<ホワイトワイン・オブ・ザ・イヤー>に輝くなどシャブリ最高峰の名誉を欲しいままにしてきた、まさに“シャブリの帝王”と呼ばれる大人物である。

16歳からワイン造りを行ってきたミッシェル氏が、50年目にして、人生の集大成として選んだのが、「テロワール・シャブリ」の究極を体現する「オートクチュール」とも呼ぶべき小規模ドメーヌ、ル・ドメーヌ・ダンリである。 生みだされるワインは、“クチュリエ”ミッシェル氏による「手造りの1本」、「洗練を究めるように磨きあげられた、一点の曇りもなき緊張感のある芸術的領域に達したワイン」である。

<ル・ドメーヌ・ダンリ>のワインを試す者はみな、ACシャブリはトップクラスの造り手による1級シャブリに比肩し、1級フルショームのワインは、同じくトップクラスの造り手によるグラン・クリュのレベルにあることを知ることになる。

中でも、“シャブリの至宝”とも言える樹齢75年の古木の葡萄のみで造られるフラッグシップワイン「Héritage/エリタージュ」は、もはやAOCを超越し「芸術の領域」に達したワインと言っても過言ではない。

それは、ル・モンラッシェ、シュヴァリエ・モンラッシェ、あるいは、レ・ドモワゼルやレ・ペリエール(dessus/ドゥシュ)等から生み出される一部のワインの如く、単なる味覚の優劣を超え、飲み手の五感・五臓六腑全てに振動を与え「感動」をもたらす、つまりは、音楽や絵画等と同様の「芸術領域」の価値感を備えた「神に祝福されたワイン」
なのである。

ミッシェル氏にとっての「人生の集大成」であり、「伝説の最終章」であるル・ドメーヌ・ダンリは、同時に名門ラロッシュ家の6代目、7代目…にも連綿と引き継がれてゆく「永遠への始まり」でもある。



最新の参考小売価格、ヴィンテージは月次ワインリストをご確認ください。

アイテム ml 入数 備考 JAN
シャブリ
Chablis
75012--
フルーティな華やかさだけではないワインの隅々まで冴え渡る美しい酸とミネラル。よく熟した健全な葡萄から、自然のエネルギー漲るトップクラスの1級物に比肩するプレミアムスタンダード。

1988年、1989年、2001年に植樹された区画から。Maligny村北部の畑と特級ヴァルミュールに続く山側の畑。多くが南東向きの斜面。除梗せずにプレスし、約24時間のデブルバージュ後、ステンレスタンクで発酵。補糖はせず、天然酵母による自然発酵を行う。18℃で約45日間の長めの発酵。全体の85%にMLF発酵を行い、シュールリーでACシャブリとしては長めの約9月間の熟成。

ミネラルの香りを中心に、完熟したグレープフルーツやゴールデンデリシャスの華やいだ香りと共に、凝縮度の高い力のある果実味、シャブリらしいしっかりとしたピュアなミネラル、鮮度感の高い酸がバランスし、心地良い緊張感を与える。ACシャブリながら堂々とした高潔で品格を備えたワイン。
シャブリ プルミエ・クリュ ボーロワ ”トロエム”
Chablis 1er Cru “Troesmes”
(Beauroy)
7506--
左岸きってのベストパート、南向きのなだらかな斜面に植えられた35年の古木による1級ボーロワ"トロエム" が2019年7月新上陸

セラン川の左岸、なだらかな斜面にある1級ボーロワは、右岸のフルショームと並び、左岸きっての1級と名高い。ル・ドメーヌ・ダンリが所有するのはそんなボーロワの中でも南向きの斜面にあるクリマ「Troesmes(トロエム)」。1985年に植樹された樹齢35年の古木のブドウのみで醸される、最新のキュヴェ。土壌は同じく高評価の1級モンマンとよく似た白く柔らかなクレイ。

チョーク土壌のフルショームより柔らかい地質から生まれることから、フルショームに比べ、よりフルーティーで柔らかな酒質を持つ。所有畑の中でも最も早く収穫するのがここトロエムで、早い時期の収穫によってフレッシュさと酸度を高く保つ。シャブリらしい透明感のあるミネラルに柔らかさが加わることで、豊かな表現力があるワインに仕上がっている。
シャブリ・プルミエ・クリュ・フルショーム
Chablis 1er Cru Fourchaume
7506--
2区画の畑の葡萄をブレンド、テロワールの素性の良さを想わせる凛とした繊細さと品位を宿すトップクラスの造り手の特級物に伍すプレミアム・フルショーム。

1964年に植樹された樹齢50年の区画、1999年に植樹された区画から。フルショームの北部のクリマ「L’Homme Mort」と中部の「Fourchaume」。多くが、南西向きの急斜面に広がる畑。除梗せずにプレスし、約24時間のデブルバージュ後、発酵。補糖はせず、天然酵母による自然発酵を行う。全体の89%をステンレスタンクで、残りの11%はピエス(228ℓ)で発酵、及び熟成を行う。18℃で約45日間の長めの発酵。全体の90%にMLF発酵を行い、シュールリーで約12月間熟成。

黄色いリンゴや洋梨の上品な香り、ヨード的なミネラルに加え、仄かなトースト香のニュアンスもあり複雑な印象。緻密な質感に繊細な酸がありソフトな印象だが、樹齢50年の古木の葡萄も使用することから、穏やかながらも密度の高い果実味もしっかりとあり、静かなエネルギーと品位を感じさせる。
シャブリ・プルミエ・クリュ・フルショーム・ヴィエイユ・ヴィーニュ
Chablis 1er Cru Fourchaume Vieilles Vignes "Late Release"
7506割当制-
シャブリでは貴重なヴィエイユ・ヴィーニュ。1970年に植樹された、樹齢42年の古木の葡萄から、リッチで厚みのある果実味、高い酸、ミネラルが高次元でバランスする究極のフルショーム。

北部のクリマ 「L’Homme Mort」に、1970年に植樹された樹齢42年の古木の葡萄のみから造られる。南西向きの急斜面に広がる畑。除梗せずにプレスし、約24時間のデブルバージュ後、発酵。補糖はせず、天然酵母による自然発酵を行う。全体の79%をステンレスタンクで、残りの21%は ピエス(228ℓ)で発酵、及び熟成を行う。18℃で約45日間の長めの発酵。100%MLF発酵を行い、シュールリーで約12月間熟成。 

完熟した果実や蜜の香り。豊かな果実味と膨らみのあるアタックに、古木ゆえの極めて高い凝縮感、骨太な酸とミネラルが高次元でバランスし、長大な余韻へと続く。グラン・クリュのような、リッチで熟した果実味と緊張感が見事に融合したワイン。
シャブリ・プルミエ・クリュ・フルショーム・エリタージュ・プルミエール・トリ
Chablis 1er Cru Fourchaume Heritage Premiere Trie "Late Release"
7506割当制-
“シャブリの伝説”と称されるミッシェル・ラロッシュ氏の50年に及ぶワイン造りの集大成にふさわしい1本。樹齢75年の超古木から生まれたフラッグシップワイン。もはやAOCを超越し「芸術の領域」に達した最高傑作「エリタージュ」

父のアンリが、フルショーム北部のクリマ「L’Homme Mort」にある特別なリューディ 「Ardillier」に1937年に植樹した、「シャブリの至宝」とも言える樹齢75年の超古木の区画。さらに、手摘みによって収穫初日に摘み取った、粒選りの葡萄のみで醸す希少ワイン。南西向きの急斜面の畑。除梗せずにプレスし、約24時間のデブルバージュ後、発酵。補糖はせず、天然酵母による自然発酵を行う。全体の63%をステンレスタンクで、残りの37%はピエス(228ℓ)で発酵、及び熟成を行う。18℃で約45日間の長めの発酵。100%MLF発酵を行い、シュールリーで約12月間熟成、ボトリング後さらに2カ月瓶熟させる。

ラ・フランス、アプリコットのような石果類の果実、ミネラル、木樽の仄かなロースト香が調和し、精妙な複雑さを漂わせる。よく熟した可憐な果実に、精密且つ引き締まった酸、緊密なミネラルがバランスし、静謐な優美さを湛える。味わいの中盤から、シャブリの起源を想起させる磯のような海のミネラルが、伸びやかな酸と樹齢75年の古木がもたらす果実の凝縮したエネルギー感を伴って盛り上がり、圧倒的なスケール感に包み込まれる。傑出した長い余韻。まさに、シャブリの傑作。
一覧へ戻る