株式会社ヴァンパッシオン

Bourgogne / Cote de Beaune / Domaine Ramonet | 生産者

ドメーヌ・ラモネ

Domaine Ramonet

国名FRANCEフランス
産地名COTE DE BEAUNEコート・ド・ボーヌ
生産者所在地CHASSAGNE MONTRACHETシャサーニュ・モンラッシェ
イメージ
言わずと知れたシャサーニュ・モンラッシェのトップ・ドメーヌ赤白を問わずその実力はブルゴーニュNo.1

1920年代前半、ピエール・ラモネ氏によって設立されたドメーヌ。ピエール氏が最初に購入したのは1.5haのシャサーニュ1級レ・リュショット。現在では誰もが認めるトップ・ドメーヌも草創期の原点はここから始まった。ドメーヌ設立当時の1920年代から元詰を開始、その直後にアメリカ市場に紹介されたことが、世界最高の白ワイン生産者の1人として今日の名声を獲得するきっかけとなった。初代ピエール氏は1994年に他界するまでカーヴに立ち続けた伝説の人物で、そのワイン造りの精神は2代目アンドレ氏、3代目ノエル氏にもそのまま引き継がれている。醸造自体は意外にもシンプル。このドメーヌの名声を支えてきたのは、紛れもなく畑での細やかな作業によって産み出される葡萄の質の高さに尽きる。葡萄樹の生体バランスを失い、樹の寿命を早めるとして夏の摘房を避け、春先の摘芽、摘穂を5〜8芽だけ残すように厳しく行なう。雹や霜の被害にあって収量が激減しても「その時は仕方ない」と考える。収量よりも、品質を最優先としている証である。このドメーヌでは、ブルゴーニュにありがちな「お家騒動」を避け、また、婚姻や相続などによって畑が分割されてゆくのを防ぐために、ブルゴーニュではいち早く親族で会社組織にした。これにより、後世努力を怠ることがない限り、ドメーヌの名声は約束されるだろう。



最新の参考小売価格、ヴィンテージは月次ワインリストをご確認ください。

アイテム ml 入数 備考 JAN
ブルゴーニュ・アリゴテ
Bourgogne Aligote
75012割当品-
ネゴシアンに売っていた時代に、そのクオリlティの高さに驚嘆した伝説の料理人アラン・シャペル氏が、先代のアンドレ・ラモネ氏に元詰を懇願したことが契機となって販売をはじめたワイン。
サン・トーバン・プルミエ・クリュ・シャルモワ・ブラン
St Aubin 1er Cru Les Charmois Blanc
75012割当品-
シャサーニュの丘、斜面上部にある区画。シャサーニュ・レ・ショーメの真横で、特級モンラッシェの真上あたりにある。
ブルゴーニュ・ブラン
Bourgogne Blanc
75012割当品-
シャサーニュ村にあるACブルゴーニュの区画。
ピュリニー・モンラッシェ
Puligny Montrachet
75012割当品-
あまり知られていないが、実はピュリニーにも少量ではあるが区画を所有している。
ピュリニー・モンラッシェ・レ・ザンセニエール
Puligny Montrachet Les Enseigneres
75012割当品-
バタールの真下の区画。グランクリュと道を隔てて隣接する秀逸な区画。
ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・シャン・カネ
Puligny Montrachet 1er Cru Champs Canet
75012割当品-
斜面中腹部に位置しムルソー村で最上の1級畑ペリエールに村をまたいで隣接する。シャープなミネラルとヴォリュームのある酸を持つ。
シャサーニュ・モンラッシェ・ブラン
Chassagne Montrachet Blanc
75012割当品-
樹齢約50年の区画。ミネラルと果実とが上手く共存した味わい。僅か0.9haを所有。
シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・モルジョ・ブラン
Chassagne Montrachet 1er Cru Morgeot Blanc
75012割当品-
斜面中部から下部に位置する粘土の厚いプルミエ・クリュ。同じシャサーニュ・モンラッシェ村でも斜面上部のピュリニィ・モンラッシェ的なテロワールとは全く異なり、果実味の豊富さが前面に出たワインを生み出す。
シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ブードリオット・ブラン
Chassagne Montrachet 1er Cru Boudriotte Blanc
75012割当品-
ややふくよかな果実が出るテロワール。
シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・ショーメ
Chassagne Montrachet 1er Cru les Chaumees
75012割当品-
シャサーニュの丘、斜面上部にある区画。ミネラリーなシャサーニュに仕上がる。
シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ヴェルジェ・ブラン
Chassagne Montrachet 1er Cru Verges Blanc
75012割当品-
シャサーニュでも最もピュリニーに近い村北部に位置し、土壌も石切場の真下というミネラルな土壌。真向いの丘に並行して並ぶル・モンラッシェと同じ標高(225m)のテロワールを持つ。立地条件でわかる通り、ピュリニー・モンラッシェの優れたグラン・クリュに近いスタイルを持つ。発見されるべきお値打ちの1級。
シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・リュショット・ブラン
Chassagne Montrachet 1er Cru Les Ruchottes Blanc
75012割当品-
シャサーニュ・モンラッシェ村の中央斜面上部に位置する1級畑。表土の薄い岩盤に近い畑から、シュバリ・モンラッシェを連想させる気品と威厳を有するワインが産まれる。初代のピエール・ラモネ氏が、ドメーヌ設立後に最初に獲得したフラッグ・シップとも言える畑。
ビヤンヴニュ・バタール・モンラッシェ
Bienvenues Batard Montrachet
7506割当品-
上下を特級畑バタール・モンラッシェと銘村名畑レ・ザンセニエールに挟まれたグラン・クリュ。モンラッシェ特級郡の中では最も早く開く。
バタール・モンラッシェ
Batard Montrachet
7506割当品-
ル・モンラッシェの真下に広がるグランクリュ。コート・ド・ボーヌの華。モンラッシェより幾分重た目の酒質といわれている。
シュヴァリエ・モンラッシェ
Chevalier Montrachet
7506割当品-
ル・モンラッシェの真上に隣接するグランクリュ。幾分シャープな酒質で、文字通り「騎士」のような風格を持つ。
モンラッシェ
Montrachet
7506割当品-
「脱帽し、ひざまづいて飲むべし」とデュマが称えた言うまでもなく世界最高峰の辛口白ワイン。ラモネの所有する区画はDRCの区画と隣接した中央部の最上のパーセル。
ブルゴーニュ・ルージュ
Bourgogne Rouge
75012割当品-
シャサーニュ・モンラッシェ村内にあるACブルゴーニュ。シャサーニュ・モンラッシェ村は石灰岩層が多く占めており、「隠れピノの銘醸地」として、万人に愛されるエレガントでフルーティなピノ・ノワールを産む土壌を有する。
シャサーニュ・モンラッシェ・ルージュ
Chassagne Montrachet Rouge
75012割当品-
1級畑ブードリオットの斜面下部に位置し、ふくよかな石灰粘土質土壌で、果実味豊富でかつエレガントな酸味をもつピノ・ノワールを産する。
シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・モルジョ・ルージュ
Chassagne Montrachet 1er Cru Morgeot Rouge
75012割当品-
粘土質が多めの区画にはピノノワールを植えて赤のモルジョを醸します。果実味が豊富に出るテロワール。
シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・クロ・サン・ジャン・ルージュ
Chassagne Montrachet 1er Cru Clos St Jean Rouge
75012割当品-
シャサーニュの赤でも比較的ミネラルと酸がきっちりと出るテロワール。石切り場の真下の区画。
シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・クロ・ド・ラ・ブードリオット・ルージュ
Chassagne Montrachet 1er Cru Clos de la Boudriotte Rouge
75012割当品-
ラモネの赤の看板商品。酸と果実の凝縮度が素晴らしい。
一覧へ戻る