株式会社ヴァンパッシオン

Champagne / Domaine Eric Rodez | 生産者

ドメーヌ・エリック・ロデズ

Domaine Eric Rodez

国名FRANCEフランス
産地名CHAMPAGNEシャンパーニュ
生産者所在地AMBONNAYアンボネイ
イメージ
豊饒なアンボネイ村の結実と、アッサンブラージュの妙技。シャンパーニュの精華、エリック・ロデズ。

アイ村、ブージイ村とならんで類稀なるピノ・ノワールを産み出すことで知られるアンボネイ村。ドメーヌは村の中心から教会を抜けて県道を超えた離れにある。サインは国道沿いに看板が立っているだけ。知的で情熱的で弁舌豊かなエリック・ロデズ氏の人柄を想えば、実に地味な構えである。ドメーヌの裏手には彼の得意なエノロジーを生かした、「分析所」の看板がある。エリック氏はアンボネイのテロワールや、樽を使った醸造を語り始めると、それこそマシンガンのように止まらない。最も大きな特級村であるアンボネイ村の村長を務めるだけあって、行動派で雄弁で、そして理論家である。エリック氏はボーヌの醸造学校に学び、その後ボジョレーとローヌでエノロジストしての経験を積んだ後、実家のロデズ家を引継ぐまでの間、名門クリュッグに勤めた。本人も「素晴らしい経験だった」と語るクリュッグの数年間はチーフ・エノロジストとして活躍した。テロワールにあわせて改植を進めたり、リュット・レゾネを採用したりと、実に手間のかかる畑での仕事をこまめに行う一方、クリュッグ仕込みの経験を生かしたアッサンブラージュと樽使いにも一家言ある。ドメーヌならではの丁寧な畑の手入れで仕上がった葡萄は古い小樽を中心に新樽、大樽、ステンレスタンクなども組合わせて醸される。そして出来上がったベースワインはエリック氏によるアッサンブラージュの妙技を経て、複雑深遠なる一瓶に集約される。



最新の参考小売価格、ヴィンテージは月次ワインリストをご確認ください。

アイテム ml 入数 備考 JAN
シャンパーニュ・グラン・クリュ・アンボネイ・キュヴェ・デ・クレイエール
Champagne Grand Cru Ambonnay Cuvée des Crayères
泡白750
375
12
12
--
モンターニュ・ド・ランス最高峰の村として、ブージイ村と名声を分け合うアンボネイ村の巨星がロデス。ピノノワール50%、シャルドネ50%、24〜26ヶ月瓶熟。名門クリュッグでのチーフエロノジストとしての経験を活かしたアッサンブラージュと樽使いの技術は超一流。ベーシック・キュヴェとしては破格量である40〜45%のヴァン・ド・レゼルブが用いられるキュヴェ。
シャンパーニュ・グラン・クリュ・アンボネイ・ブラン・ド・ノワール
Champagne Grand Cru Ambonnay Blanc de Noirs
泡白75012--
アンボネイ村は、ブージイ村と同じ斜面に隣接した南向き斜面の畑の村であり、その卓越したピノ・ノワールはモンターニュ・ド・ランスの両巨頭である。そのアンボネイ村のベストパートからなるピノノワール100%のキュヴェ。芳醇でふくよかの中に素晴らしいフィネスを持ち合わせる。
シャンパーニュ・グラン・クリュ・アンボネイ
Champagne Grand Cru Ambonnay
(Millésime)
泡白75012--
ピノノワール50%、シャルドネ50%、48〜60ヶ月瓶熟。ブージイ村に隣接した南向きの斜面とシャルドネに適した表土の薄い南東向きの斜面を持つ。力強いピノノワールと酸とミネラルの際だったシャルドネに、樽の複雑味が加わり、若いうちは暴れているかのようである。熟成させてから実力の出る一品。
シャンパーニュ・グラン・クリュ・アンボネイ・キュヴェ・デ・グラン・ヴァンタージュ
Champagne Grand Cru Ambonnay Cuvée des Grands Vintages
泡白75012--
クリュッグのチーフ・エノロジストを務めたロデズ氏が、自らの威信にかけて魂をこめるキュヴェ。89、90、92、93というヴィンテージのみで、アッサンブラージュ。「マロあり、マロなし、新樽、1年樽、2年樽、コンクリートタンク、ステンレスタンク、品種の違い、パーセルの違い・・」といった無限の組み合わせを造り、ベスト・キュヴェの為だけにブレンド。1994年に瓶内2次発酵に入って以来、毎年ごく僅かずつのみ、デゴルジュしてリリースしている。
一覧へ戻る