株式会社ヴァンパッシオン

SAVE CHILE ACTION | BLOG ブログ

SAVE CHILE ACTION

  • 2010.04.1

弊社では、「セーブチリ・アクション」を、いよいよ、4月から始めます。

我々は、我々のお客様を代表してとりまとめをさせて頂きますが、実際に支援に最大のご協力を頂くのは、我々のお客さまであり、消費者の皆様です。

このアクションは、4-5-6月の3ヶ月で行います。

売上が増えた分だけを寄付、とかではなく、この3ヶ月間の全ての売上分に対して、つまり、持ち出しで、行います。

当社の社員のみんなからあがってきた声ではじめたアクションです。
本当に誇らしいです。

あえて、地震直後に行わないのは、本当にチリの方々にとって支援が必要なのが、これからの3ヶ月くらいだと考えるからです。

家を失い、家族を失い、途方もない涙に暮れた方々も、やがて、1人きりでも、絶望の中でも、生きてゆくために、立ち直ってゆかねばなりません。

本当に支援が必要なのはこれからだと思います。

しかし、現代社会では、次から次に、大きなニュースが発生し、いろんなことが次々に忘れ去られてゆきます。

確かに世間ではチリ大地震のこと、被災者のこと、徐々に忘れ去られつつあります。

だからこそ、「今こそ、チリの方々に支援の手を差し伸べる時だ」、というのが私たちの考えです。

金額も、募金先も、全てオープンにした形での募金活動と致します。

往々にして、「収益の一部を」などの、あいまいな表現になりがちであったり、

あまり透明性のない団体経由での寄付ゆえに、支援に役立たないケースがあったり、

スタッフたちが一生懸命調べて、そんな「逆効果」にならないよう、細心の注意を払ってくれました。

結果、在日チリ大使館、チリの著名な非営利団体の2つの公的機関を通じた透明な形で、募金を始めることができました。

当社の歴史で初めての、表だった社会貢献活動です。

是非、皆様のご賛同をお願い申し上げます。

ヨミウリさん、記事にして下さいまして有難うございました

一覧へ戻る

Topics

ジャノボス
Janotsbos

コント・ラフォンのシェフ・ド・カーヴを勤めたジャノ氏と、レストラン業界を熟知した情熱家ボス氏のコラボレーション

Bourgogne / Cote de Beaune / Janotsbos

2人の出会いは、1996年、ボーヌの農学校において。10年来の2人の夢が、2005年ヴィンテージから「JANOTSBOSジャノボス」となって誕生。目指すはブルゴーニュのテロワールを表現するトップ・クオリティー。2年目の2006年ヴィンテージから日本に紹介され、予約で売り切れるアイテムが続出した。Richard Bosリチャード・ボス(1967年・オランダ生まれ) ホテルサービス経験の後、10年以上...

NEWS