株式会社ヴァンパッシオン

究極のビストロ | BLOG ブログ

究極のビストロ

  • 2009.04.26

完全予約制

都心部から快速電車で30分ほどの距離にある駅から、さらにタクシーで10分

わずか14席

予約埋まり次第、一回転で閉店

このご時世に、1~2か月先までほぼ予約で埋まっています

パリ在住時代、数多くの星付きレストランや、各地方で人気の地元名物ビストロに行く機会がありました

もちろんお仕事の関係上、日本でもそれなりの数のフレンチにお邪魔させて頂いております

そしてこちらは、僕の中では間違いなくトップ3以内に入るお店です

究極の職人シェフとその奥様のお人柄にも癒されます♪

まさかという場所に、ポツンと存在する至福のビストロ

紹介してしまうと地元の方々に睨まれてしまうかも知れません(汗)

今日初めてお邪魔できたのですが、美味しいを超えて感動ですらありました

地元のみなさま、お許し下さい

一覧へ戻る

Topics

ドメーヌ・クロ・ファンティーヌ
Domaine Clos Fantine

葡萄とコミュニケーションを取りながら、ビオディナミを通じてテロワールを最大限表現する。ピュアな果実味、大地の素朴なニュアンスが花開く、究極のフォジェール。

Languedoc Roussillon / Domaine Clos Fantine

まだ30代前半の若い3兄弟が切り盛りするドメーヌ、クロ・ファンテーヌ。父の代までは協同組合に葡萄を売っていたが、フォジェールのテロワールを体現する品質重視のワインを造りたくて独立した。上の姉クリスティーヌ、真ん中の兄オリヴィエが主に畑を担当、下の妹コリーヌが醸造を担当する。フォジェールは平野から山裾まで広がるアペラシオンで、全ての場所でシスト土壌を持つ。クロ・ファンティーヌが所有する畑は、水はけが...

NEWS