株式会社ヴァンパッシオン

久しぶりですが | BLOG ブログ

久しぶりですが

  • 2011.08.7

長いことブログ更新しておりませんでした。。。
2年近いでしょうか。。。

この間、深刻な不況や地震などがございましたが、我が社も皆様のお力添えのお陰さまを持ちまして、前期(2011年3月期)は過去最高売上と利益を達成できております。

現在、新しいスタッフも加わって、東京18、大阪4、福岡2、パリ2、合計26名の所帯となっております。

今期内にあと2-3名の増員となる予定です。

それぞれの部門において、私以上にデキる責任感に満ちたタフなリーダーが育ってくれており、今や私の手を離れて、それぞれが強いチームを作ってくれているので、こうした環境下でも増員が可能になっております。

また、それぞれのスタッフは向上心の強い努力家ばかりで、一人一人に広い責任と権限のある厳しいプロフェッショナリズムと共に、いつも笑顔で和気藹々とした素晴らしい空気の中で、日々、伸びてくれています。

サラリーマン時代やコンサル時代に、数多くのお会社を拝見して参りましたが、当社のスタッフ達の姿勢や、彼らが醸し出している会社全体の雰囲気(文化)は、No1クラスだと自負しております。

明るく、真面目で、

大きな夢を持っていながらも、足元もしっかり見据えて、

努力を怠らず、愚痴を言わず、

物事を常に前向きに捉えて。。。

・・・そんなスタッフばかりです、

会社文化も、みんな仲良しなのですが、単なる「仲良しチーム」ではなく、

一人一人がプロとしての責務を自覚し、個として自分の足で立とうとする独立自尊の気概を持ちつつ、

その上で、みんながお互いに気を使って仲良しで、

(いわゆる巷で言われるような悪い意味ではない)、「チームへの誇り」という意味での愛社精神が高く、

ベタベタしすぎず、かといって、サラリとしすぎておらず、

PRIVATEとPUBLICの非常に良いバランスのある会社文化となっております。

思えば、創業当初は、私は「会社に泊まりがけが日常茶飯事」、

スタッフは女性も含めて、「ほぼ毎日終電&土日も最低でも1日はフルに稼働している」

毎月、数字に追われて、日々が戦場のような臨戦状態・・・

・・・といった状況でしたが、今や、みんなが基本的に、「定時内でプロとしての結果を出しながら働いている」という環境になって参りました。

自宅で独りきりでの創業から7年、スタッフみんなの努力で、ヴァンパッシオンはある一定の安定という地点まで辿りつけたと思います。

応援して下さった方々に心からの感謝を捧げます。

もちろん、我々は「ワインを広げる」「業界を変える」という志の元にスタートした会社です。

体はごく普通に休められる環境になりましたが、頭やハートは一切留まるところなく、理想に向かって走り続けます。

そんな中、最近の私は、何をしているかと言いますと。。。

ヴァンパッシオンについては、今や優秀な人だらけとなったスタッフに多くを任せ、

創業当初からの目標である「理想のGOAL」を目指し、

新しい切り口からのワインビジネスのあり方を模索したり、アジア進出などの新規事業にまい進したりと、

相変わらずに多忙な日々を送っております。

なかなかブログ更新もままならない日々ですが、みんなで元気に楽しく、そしてプロらしく仕事をしております。

明るく元気で、前向きな空気が漂う、素晴らしいスタッフが揃った当社オフィスに、ぜひ一度、遊びにいらして下さい。

このスタッフ達と、彼らが創ってくれている会社文化は、今の私の一番の誇りであり、宝物です。

川上

一覧へ戻る

Topics

ドメーヌ・ファブリス・ヴィゴ
Domaine Fabrice Vigot

アンリ・ジャエイ氏のアドバイスで、一気に頭角を現した、ヴォーヌ・ロマネの新星

Bourgogne / Cote de Nuits / Domaine Fabrice Vigot

1990年に当主となったファブリス・ヴィゴ氏が栽培から醸造までを一切取り仕切る、ヴォーヌ・ロマネ村期待の新進気鋭のドメーヌ。当主となった頃はまだ若く、出来うる限りの技術を駆使して凝縮を主眼としたワインを造っていたが、ある日転機が訪れた。10年程前に、近所に住む伝説の醸造家アンリ・ジャイエ氏がヴィゴ氏の蔵を訪れ「もっと自然に忠実な心地よい果実味のあるワインを造りなさい。醸造段階であまり手を加えすぎる...

NEWS